2007年01月22日

上品な口どけ「パティスリー麓」のロールケーキ

黒川温泉「パティスリー麓」のロールケーキです。

黒川温泉「麓」のロールケーキ.JPG

うーん。美味しいなぁ。
阿蘇の新鮮な卵を使ったスポンジはふわふわ。クリームは濃厚なのに、甘すぎない。スポンジとクリームが口の中で溶けていく感じが最高ですね。

「パティスリー麓」のロールケーキは、プレーンの他、抹茶、きなこののの字巻き(ののの。。。)、季節ごとの限定ロールケーキなどがあるようです。
プレーンが美味しいだけに、色々試してみたいですね。

PatisserieRoku.jpg RocknRollPackage.JPG

「パティスリー麓」については2005年11月5日の記事にも書きました。ちょっと前になりますが、そちらもどうぞ。
posted by u-taka at 23:44| Comment(42) | TrackBack(1) | 徒然なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

スポーツ界の熱き人間ドラマ「Number」

今週発売された「Number」。
私が好きなラグビーと駅伝(順大の今井主将のインタビュー)の記事が書かれていたので、迷わず買いました。

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2007年 2/1号 [雑誌]

カバー・ストーリーは、1月13日に行われた関東対早稲田の一戦。
−下馬評で有利だった早稲田がラインアウトで崩れ、その隙をBK展開で突いた関東の勝利−
もちろん、TV中継を観ていたので結果は知っていますが、「Number」を通じてその過程をなぞる行為が面白い。
記事は単なる推測ではなく、綿密な取材で得られた事実と分析に基づいて書かれています。「Number」は、このような「我々が知り得ない情報」を読ませてくれます。まさに、

「スポーツのプロセスを読む。そして感動する」

そんなことができる素晴らしい雑誌だと思います。

プロスポーツは結果がすべて。一番の興味は結果です。
しかし、後発の雑誌で読みたいのは、結果に至るまでの”真実”であり、選手、監督、あるいは彼らを取り巻く”人間の姿”です。
その気持ちに応えてくれるのが「Number」なんです。

スポーツ選手のメンタリティにとことん迫り、魂のこもった記事を産み出すプロの仕事は、素晴らしいとしか言いようありません。

続きを読む
posted by u-taka at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

福島の駅弁いろいろ

福島への旅行は電車で移動することが多く、結構駅弁食べました。
その駅弁を載せておこうと思います。

まずは「鮭のはらこめし」。

鮭のはらこめし.JPG

鮭のはらこめし(中身).JPG

見てのとおり、色つやの良いしゃけといくらが入っています。
ほどよい塩気がご飯によく合います。

続きを読む
posted by u-taka at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | めちゃうま名産品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

旅日記・磐梯熱海、喜多方、会津

先月、仕事に区切りがついたので1泊2日の温泉旅行に行きました。
1日目は磐梯熱海温泉、2日目は喜多方と会津の観光を楽しみました。そのときの旅日記をまとめようかと思います。

●いざ、磐梯熱海へ
東京から新幹線、磐越西線と乗り換えて、福島県の磐梯熱海にやってきました。
しかし寒かった。一面曇り空で、しんしんと雪が降っていました。

雪降る磐梯熱海.JPG

磐梯熱海は東京から近く(所要約2時間)、割と駅近くに温泉宿が広がっています。猪苗代(今回はパス)や、会津、喜多方への観光に便利ですね。
「熱海」というと、伊豆の熱海を思い浮かべますが、関係ありました。何でも、この地の領主(名付け親)の故郷が熱海だったのだそうです。故郷を偲んで付けられたのでしょうね。

磐梯熱海「華の湯」.JPG●「ホテル華の湯」で温泉三昧
この旅行最大の目的は温泉でのリフレッシュ。風呂が自慢という「ホテル華の湯」に泊まりました。
14:00にチェックインするや、真っ先に温泉に向かったのですが、露天風呂、檜風呂、かくれ湯などその数の多さに驚かされました。全部で30種類、ぬる目のお湯に全身ふやふやになるまでつかりました。
個人的には、つぼのような陶器の湯がおススメ。陶器のふちに肩と足をひっかけ、ライトアップされた庭園を見ながらボケーとするのが最高でした。お風呂には満足です。

庭園露天風呂(華の湯)

ただし、随所に問題も見受けられました。特に食事。配膳、応対などが気になりましたが、一番の問題は人手不足。満足なサービスができないのは、従業員というよりも経営側の問題だと思いました。
いい温泉を持っているだけに残念。改善されることを願ってやまない次第です。

続きを読む
posted by u-taka at 02:12| Comment(3) | TrackBack(0) | たびたび旅日記・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

2007年、初詣と初日の出

ちょっと遅くなりましたが、先週ようやく初詣に行きました。また、今年初めて日の出見ることができました。

初詣は江ノ島神社。夕方だったので空いていました。

江ノ島神社初詣.JPG

そして私にとっての初日の出。

2007初日の出.JPG

静寂の中から現れたオレンジの太陽は、ややもすると、一面を明るく照らすほどの白い光に変わっていました。

朝の太陽は希望の光。(←勝手に解釈してます…)
2007年も素晴らしい一年にしたいものです。
posted by u-taka at 01:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

大学ラグビー・関東学院が3年ぶり優勝!

全国大学ラグビー決勝は、関東学院が早稲田に雪辱。
33対26のスコアで、3年ぶり6回目の優勝を果たしました。

強風の国立競技場。この風を味方につけたのは関東学院でした。
前半は、風上に立った関東学院が大きく点差を開くという予想外の展開。一方の早稲田はミスを連発。後半ロスタイムのトライ&ゴールで7点差まで迫りましたが、そこでノーサイド。
3連覇は叶いませんでした。

3年間、早稲田に敗れ続けた関東学院。この雪辱を果たすべく闘った関東フィフティーンの気迫が、画面を通しても伝わりました。

勝負のポイントは「接点」。
接点で絶対の自信を持つのは早稲田ですが、この試合では関東学院が上回りました。FWが集中力を切らさず走り回り、早いフォローと強い圧力で、自陣に攻め込む早稲田を何度も押し返しました。

後半でもキックよりもボール回しを多用。早稲田のお株を奪うようなラックでのターンオーバーや、連続攻撃でのトライも見られました。

続きを読む
posted by u-taka at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

やはり「24(Twenty-four)」は面白い

人気沸騰のアメリカンドラマ「24(Twenty-four)」。
私も相当ハマッています。

24(Twenty-four)

もはや説明不要ですが、一応。
このドラマは、テロ対策ユニット(CTU)のジャック・バウアーの24時間を描いたサスペンスです。
面白いのは24時間を24話に分け、その1話がほぼ実際の時間通りに進んでいくところ(実際は1時間=40分程度)。
映像だけでなく、時間にもリアルさがあり、かなりの臨場感と緊迫感が得られます。

続きを読む
posted by u-taka at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

ふんわりしっとり「Grand Cru」の純生ロール

すっごく美味しいんですよ、このロールケーキ。

JyunnamaRollCake.JPG

これは、多摩センターにある「グランクリュ(Grand Cru)」の純生ロールです。正月休みに買ってきました。
小麦粉、卵、砂糖だけを使ったふんわり&しっとりのスポンジに、良質の生クリームがたっぷり。ほんのり卵味のスポンジと、あっさり生クリームのコントラストが絶妙です。
厚めに切ったにも関わらず、つい二切れ、三切れと手が出てしまいますね。

賞味期限は当日、値段は1本840円。安い。

続きを読む
posted by u-taka at 01:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

箱根駅伝・順大が6年ぶり総合優勝!

順大が6年ぶりの総合優勝を果たしました。
6区、7区では後続に差を詰められたものの、終わってみれば2位に6分以上の大差をつけての大勝利。往路、復路ともに制しての完全優勝です。

「2年分の優勝を勝ち取る」
昨年、トップを独走していながらも、8区でまさかの大ブレーキ。優勝を逃したそのシーンを観ていただけに、今年の優勝、そして昨年8区を走った難波前主将の号泣に感動しました。

優勝の立役者はやはり山登り5区・今井選手(4年)。
5区だけでトップとの差4分をひっくり返し、さらに2分近くの差をつけました。平地を走っているかのような驚異的な走りは、人間のなせる業とは思えません…。
また、順大は今井選手だけではありません。特に復路は区間8位→区間4位→区間4位→区間賞→区間賞とまとめてきました。アンカーの松瀬選手(4年)は他校を突き放す区間新記録。
順大の強さばかりが目立った大会でした。

続きを読む
posted by u-taka at 17:35| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

箱根駅伝・総合優勝とシード権の行方

往路すごかったですね。
5区今井選手の快走は、まさに”神の領域”。多くの人の記憶と記録に深く刻まれました。
おそらく、この記録は当分破られないでしょう。

復路も非常に楽しみです。
昨年の12月30日の日記に書いたとおり、私の予想は変わらず順大ですが、復路の展望を予想してみたいと思います。

続きを読む
posted by u-taka at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。