2005年10月06日

「ベテラン」について一考。

昨日、カズの話に触れた折に「ベテランの力」というものを考えさせられました。

一つの組織が勝利あるいは成功を収めるには、ベテランの存在なしには語れないことが多い。
今年のプロ野球、阪神タイガースの優勝は、自分にとっては「ベテランの力」の強さを象徴するものでした。
全選手が活躍したけれど、特に際立ったのが4番打者金本の存在。全146試合にフル出場するだけでなく、チーム一の結果を残す。その精神力には感服いたしました。
矢野という存在も忘れられない。キャッチャーというポジション柄からか、常に冷静沈着に振る舞っており安心感、信頼がある。もはや彼のいないタイガースは考えられない。
そして下柳。本日、目下単独最多勝の15勝を挙げました。10回148球も投げたというのがすごい。高校野球の試合みたいですね。

こんなベテランの活躍を見れば、若手が発奮しないわけがない。若手の勢いはこのようなベテランの闘志、精神力から引き出されているのでしょうね。

しかし、このような例はごく稀。
多くの組織は何もしないでエラそうにしているだけの年寄りを抱えるばかり。何も知らない出向(天下り)役員、座ってるだけで高給取りの課長、そんな人が多くないですか?世の中?

・・・スポーツから会社の話と、ちょっと飛びましたね。
まぁ、何となく感じたところをずらずらと書いてしまいました。。。
疲れてんのかな。もう寝よ。
posted by u-taka at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。