2006年12月31日

映画「NANA2」を観ました

今年もたくさんの映画を観ました。
そのほとんどが邦画ですが、最後に観たのも邦画。
中島美嘉と市川由衣主演の「NANA2」です。

NANA2

前作同様、良かったです。
ストーリーの面白さに、迫力のあるPV映像(プロモーションビデオ)とライブ映像が加わり、映画を盛り立てます。お得感がありますね(笑)

続きを読む
posted by u-taka at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

箱根駅伝、区間オーダー発表!

私はこれを観ないと1年が始まりません。
1月2日スタートの箱根駅伝。いよいよあと3日に迫りました。

2006HakoneEkiden.JPG
(写真は2006年の箱根駅伝より)

本番を前に、昨日、各大学の区間オーダーが発表されました。
各大学とも、当日のオーダー変更を前提に一部偵察メンバーを入れていますが、その点も踏まえて勝手に優勝予想してみたいと思います。

続きを読む
posted by u-taka at 03:04| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

HOLGAでヨコハマ・グランモール円形広場

たまには横浜の写真でも。
ちょっと暗いですが、グランモール円形広場から。

グランモール円形広場.jpg

HardRockCafe.jpg

ランドマークプラザから、コスモワールド&ワールドポーターズへ向かうときに通ります。
大道芸スポットとしても有名ですね。
posted by u-taka at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | HOLGAでヨコハマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

「赤い指」を読み、考える。

たまにはミステリー本の感想でも。
東野圭吾氏が直木賞受賞後に取り組んだ作品「赤い指」です。

赤い指

取り上げるメインテーマは「高齢化社会」。
これから我々が直面する高齢化社会の問題を取り上げ、殺人事件と絡めた見事なミステリーに仕上げています。
ミステリーと言えば、事件のトリックが徐々に紐解かれていき、何だかんだ言ってもある程度想定し得る結末を迎えるものが多いですが、東野氏の作品は違います。常に意外性のある見事なトリック(結末)が待っており、私を驚かせてくれます。この作品も例外ではありません。本当に素晴らしい作家だと思います。

続きを読む
posted by u-taka at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

「スーパーエッシャー展」は超おススメ!

渋谷・Bunkamuraミュージアムで開催されている「スーパーエッシャー展」。これが相当面白い。

DVD「M.C.エッシャー」

だまし絵で有名なM.C.エッシャー。
2002年のBunkamuraの「エッシャー展」、ハウステンボスの「ミステリアスエッシャー」で、その魅力に取り憑かれましたが、今回はさらに面白い。
”スーパー”がついているだけのことはあります。。。

続きを読む
posted by u-taka at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

映画「007 カジノロワイヤル」を観ました

毎回ド派手なアクションで楽しませてくれる007。
新ボンド、ダニエル・クレイグ主演の「カジノロワイヤル」を観ました。

CD 007カジノロワイヤル

とても面白かったです。
「アクション」と「心理的な駆け引き」を織り交ぜつつ、内容の濃い作品に仕上がっていると思います。アクション一辺倒の前作、前々作とは違った良さがありました。

続きを読む
posted by u-taka at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

hillsとw-indsとakarium

初めて表参道ヒルズに行ってきました。
店舗自体はあまり興味がなかったのですが、建物は一目見たいと思っていました。

表参道ヒルズエントランス.JPG

表参道ヒルズは、かつて表参道の顔として知られていた「同潤会青山アパート」が建て替えられたものです。
手掛けたのは、光の教会やサントリーミュージアム[天保山]の建築でも有名な安藤忠雄氏。安藤氏の建築の特徴である、”コンクリートの打ちっぱなし”が表参道ヒルズにも生かされています。
また、表参道の街との調和が意識されています。ケヤキ並木を超えないように低くデザインされていますが、中に入ると地下を上手く利用しているのがよく分かります。

続きを読む

2006年12月15日

トイカメラ「LOMO LC-A」が復刻

発売中の雑誌「カメラ日和」に、「Lomo LC-A+(プラス)」というカメラの記事(写真)が載っていました。

カメラ日和 2007年 01月号 [雑誌]

「Lomo LC-A+」は、生産中止になった「LOMO LC-A」の復刻版。
かなり人気のあるカメラで、私も前々から欲しいと思っていたカメラです。それだけに、復刻はかなり嬉しいニュースでした。
かなり評判が良いようで、ロモグラフィのサイト(www.lomography.jp/home/)では既に完売です。

続きを読む
posted by u-taka at 01:30| Comment(0) | TrackBack(6) | 徒然なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

来年は「ほぼ日手帳」に決定

本屋、文具店に行くと、2007年の手帳がズラリと並んでいますね。
1時間刻みでスケジュール管理できる手帳、将来の夢を書き込める手帳など色々ありますが、私は来年、噂の「ほぼ日手帳」を使ってみようかと思います。

HOBONICHITECHO2007.JPG

これは、「ほぼ日刊イトイ新聞」でお馴染みの手帳です。
1日1ページのフリースペースが与えられているのが特徴。もちろん、どのように使ってもいいのですが、日記として使うことを意識した作りになっています。

あまり予定がなく、思いつきで行動する私にはぴったりです。。。

続きを読む
posted by u-taka at 02:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

「すべらない話」第2弾、遂に発売!

いやー、本当に待ち遠しかった…。
12月13日、遂にDVD「人志松本のすべらない2」が発売されます。

人志松本のすべらない話 其之弐

松本人志、千原ジュニア、宮川大輔、ほっしゃん。巧みな話術で繰り出されるオチに大爆笑です。やはり、すべらない話は何度聞いてもすべらない。
私の中で今、最も熱いエンターテイメントです。

もちろん、発売日当日に買います。
さすがに人気のようで、ネットで見ると、初回限定版はどこも売り切れみたいです。
posted by u-taka at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

磐梯熱海にて初雪

休日を利用して、福島県の磐梯熱海という温泉地に行ってきました。
この週末は特に寒かった…。
福島はかなり寒く、雪が降り積もっていました。

磐越西線の車窓.JPG

写真は、磐越西線の車窓です。
今回は温泉がメインだったのですが、会津若松と喜多方にも行ってきました。
そのうち、旅日記としてまとめようかと思います。
posted by u-taka at 01:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

映画「DEATH NOTE -後編-」を観ました

今年話題の映画「DEATH NOTE」。
7月に前編を観てからというもの(7月11日の日記参照)、後編の公開を楽しみにしていました。
だいぶ遅くなりましたが感想を(実際は公開初日に行きました)。

DEATH NOTE OFFICIAL MOVIE GUIDE (2)

開始早々、レッチリが歌う主題歌でテンションが上がります。
出だしとしては申し分なし。そして映画に入り込むこと140分。気づいたら終わっていました。
今回で決着がついてしまったので、前回のような観終わったあとのワクワク感は得られませんが、とても良かったと思います。

観終わった方は続きをどうぞ。

続きを読む
posted by u-taka at 22:04| Comment(4) | TrackBack(1) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

実践!マインドマッピング(ブレインマッピング)

前回記事にした「IDEA HACKS!」の中に、マインドマップと呼ばれるノート術が紹介されていました。非常に興味深かったので、元となる「ザ・マインドマップ」という本を読んでみました。

ザ・マインドマップ

マインドマップとは、この本の著者であるトニー・ブザンが考案したもので、脳の力を最大限に引き出す効果があるようです。その他にも、マインドマップの良さが「これでもか!」という位に述べられてます。

嬉しいことづくめのマインドマップ。果たしてどんなものか?

ごくごく簡単に言うと、関連線とビジュアル(図)によるノート法です。
普通、ノートは左上から文章や箇条書きで書いていきますが、マインドマップの場合、中心から放射状に書いていきます。中心にテーマを書き、そこから思いついたキーワードを関連線でつなぎます。キーワードだけでなく、絵を描くことが推奨されます(←ここポイント)。

論理展開にビジュアルを加えることで、左脳だけでなく、右脳も刺激されるようです。
天才レオナルド・ダ・ヴィンチ、エジソン、アインシュタインらのノートも、ビジュアルをふんだんに取り入れていたのだとか。

続きを読む
posted by u-taka at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

仕事とプライベートを豊かにする「ハック」とは

最近、「ハック(Hack)」という言葉を耳にします。
ハックと言うと、コンピュータに不正侵入する「ハッキング」「ハッカー」がまず頭に浮かびますが、最近では「うまく仕事をこなす」の意味で使われることが多いようです。
確かに、英和辞典にもそのような意味が載っていました。

このハックブーム(言いすぎ?)は、おそらく、アメリカの「Life Hacks」(www.lifehacker.com)から来ているものと思われます。
仕事を効率的に進め、日常生活をストレス無くハッピーに過ごしましょうというのが、その根底にあるようです。
全く同感です。少しでも早く家に帰る工夫やテクニックがあれば、どんな些細なことでもいいから身に付けたいものです。

日本でもLife Hacksに関する書籍や雑誌が発行されていますが、私も早速、その一つである書籍「IDEA HACKS!」を読んでみました。

「IDEA HACKS!」

続きを読む
posted by u-taka at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

鎌倉の紅葉はいよいよ見頃

12月に入り、ようやく鎌倉が色づいてきたようです。
まずはイチョウの木。鶴岡八幡宮から鎌倉宮方面に歩くこと10分。頼朝の墓の下にある公園で撮りました。

頼朝の墓の下にある公園.JPG

他の木はまだ緑が混じっていたのですが、この木は綺麗な黄色で、一際目を惹きました。

続きを読む
posted by u-taka at 00:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。