2005年12月02日

日本の好況とは裏腹に

ニュースによると、本日2年7ヶ月ぶりに1ドル=120円70銭まで円安が進んだそうです。
また、日経平均株価は5年2カ月ぶりに1万5400円台を回復したそうです。

これまで長い間「円高」「株価低迷」と言われてきましたが、ここ半年くらいで状況は急速に変わってきました。特に株価。12000円を超えてからの上昇は早かった。15000円前後で膠着するような気もしましたが、今日一日で大きく超えたようです。
最近、どの本屋でも大きく「株コーナー」が設けられているのを見かけます。個人の間でも、ちょっとした”株ブーム”になっているようですね。

確実に日本は景気回復の道を歩んでいるようです。

私は金融に関してはあまり詳しくないですが、「円高→デフレ」だったので「円安→インフレ」になるのでしょうか?一概には言えないのでしょうか?
収入が増加しないだけに、物価高騰はやだなぁ。。。

また、このような好況を背景に、政府は「所得減税廃止」や「消費税増税」を実現、具体化していますが、実施後また不況に陥ったときは、増加した負担に苦しめられるような気がします。
これらの政策は仕方ないことかもしれませんが、その前にやるべきことがたくさんあると思います。要は無駄をなくすこと。よくTVなんかでやってますが、何十億、何百億という税金の無駄遣いは見るに耐えません。

うーん。なんか話が散漫になってしまいましたね。
何が言いたいのかというと、庶民の私的には、好況にも手放しで喜べないということです。

自分たちの世代が貧乏クジを引いている気がするのは気のせいだろうか?
posted by u-taka at 22:46| Comment(1) | TrackBack(1) | 徒然なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅くなりましたが、
コメントありがとうございます。

「景気も個人の気の持ちよう」と書いた背景には、景気回復で政府を当てにできないという皮肉も多少含まれていました。

それにしても、「富裕層」とか「下流社会」なんて言葉を耳にすると、ちょっと悲しい気持ちになってしまいますね。

この問題については、いずれブログに書くかもしれません。
Posted by SNR at 2005年12月06日 20:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10112466

この記事へのトラックバック

病も景気も気から?
Excerpt: 日経平均株価が1万5000円台を回復したそうです。 東証の時価総額はバブル期の8割へと達しているそうです。 原油高によるかさ上げがあるにしても、消費者物価はプラスに転じているようです。 ボージョレー解..
Weblog: after 911
Tracked: 2005-12-03 16:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。