2005年12月04日

「ロッテ・ライニガーの世界」と恵比寿散歩

昨日、恵比寿に行ってきました。
最大の目的は、東京都写真美術館で公開された映像展「ロッテ・ライニガーの世界」です。
ロッテ・ライニガーの世界ポスター.jpg
ロッテ・ライニガーは1920〜1930年代に活躍した、ドイツ人(女性)の影絵アニメーション作家です。
この日は彼女の影絵アニメ「カルメン(9分)」「ガラテア(11分)」「アクメッド王子の冒険(完全修復サウンド版・65分)」の3本立てでやってました。どれも楽しめましたね。
80年ほど前の作品ですが、その仕事は非常に繊細。影絵なので声は出ませんが、登場人物の喜怒哀楽がその動きで上手に表現されています。豪華絢爛な衣装、草木の揺れ、水面に広がる波紋など細部に渡って”気配り”がなされています。

映像はもっとカクカクした動き(←昔のゲームウォッチのような)をするのかなと思ったのですが、とんでもない。動きはかなりスムーズです。

好みは分かれますが、興味のある方は観てみるといいと思います。
「ロッテ・ライニガーの世界」は12/16(金)まで。ただし、12/10(土)、12/11(日)は休映日です。休映日、休館日はくれぐれもご注意を。

さて、影絵アニメを観た後は、少し遅めの昼食でも。
恵比寿ガーデンプレイスの地下、「音音」という和食のお店で食べてきました。
注文したのは「焼き魚定食」。魚は鮭の西京焼きを選びましたが、とても美味しかった。
ご飯(白米)がすごく美味しいので、箸が進みます。
(写真は上手に撮れませんでした・・・。)
鮭の西京焼き.jpg 音音ごはんがうまい!.jpg

また、夕暮れ時の恵比寿の写真を何枚か撮ってきました。
恵比寿って雰囲気いい街ですね。来るたびに思います。
恵比寿ガーデンプレイス.jpg 恵比寿ガーデンプレイス_高級レストラン.jpg

恵比寿ガーデンプレイス_光のオブジェ.jpg 恵比寿駅前ツリー.jpg
今年は、バカラのクリスマスツリーじゃないんですか?
今年もあれを見られると思っていたので、ちょっと残念。。。
posted by u-taka at 23:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 徒然なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

恵比寿〜白金 影絵&ランチ&お散歩して友人宅へ
Excerpt: 恵比寿、東京都写真美術館で上映中の、「ロッテ・ライニガーの世界」は、すばらしいです♪美しい〜♪の言葉がぴったり。きれいな影絵と、ユーモアも入るストーリー。作られた時代が、1920年代ということを考える..
Weblog: HappyDays
Tracked: 2005-12-10 10:32

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。