2005年12月15日

EXILEのニューシングル「ただ・・・逢いたくて」に感動!

昨日発売となったEXILEの「ただ・・・逢いたくて」を買ってきました。
もともとEXILEは好きなので買おうと思ってたのですが、買ってよかった!!


この曲は、auのCM(妻夫木聡出演)で流れているバラードです。いい曲ですね。
収録されているのはノーマルバージョン、アコースティックバージョン、インストルゥメンタルの3曲。
そして、約10分間のドラマが収録されたVideo Clip(DVD)が付いています。
このVideo Clipのドラマが感動ものなんです。

主演は、田中幸太朗(TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」に出演)と、奥田恵梨華。お二人ともとても爽やかで、ビデオを観てても「お似合いだなぁ」と感じます。
メガホンを取ったのは映画「いま、会いにゆきます」の岡田惠和監督。「いま、会いにゆきます」を観たときも思ったのですが、岡田監督はすごく”時間”を使うのが上手だなと思いました。”時間”というか”刹那”というか。限りある時間の中に存在する喜び、悲しみ、そして幸せを、観るものにひしひしと伝えてくれます。

ビデオクリップは10分程度ですが、ものすごく力が入ってます。おまけとは言えません。
EXILEとauのコラボレーション(タイアップ)企画だからこそ実現したのでしょうが、今後このようなCDシングルが増えるかもしれません。
さすがauですね。CMなど広告宣伝に関して言えば、今のところ最もセンスを感じる携帯会社です。

ちなみに、このビデオクリップでは、GENTO横浜(新高島)の正面にある「ベイサイド迎賓館」が出てきます(写真)。
ベイサイド迎賓館.jpg
この建物は、よくTV撮影などで使われているようですね。
posted by u-taka at 22:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 徒然なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とってもいい曲ですよね〜。
この曲のPVのストーリーが飲み込めないんですけど
彼女はxxxしまったの?
Posted by さおり at 2005年12月22日 01:48
さおりさん、コメントありがとうございます。
確かに、色々な解釈ができますよね。
人それぞれですが「奇跡」という捉え方が素直でいいのかもしれませんね。

自分の場合、ちょっとひねくれているので、現実は真にHappyな結末ではないように思いました。それだけに、思いが果たせたその瞬間に感動できました。

いずれにせよ、過去と今(現実)を行ったりきたりするところが、解釈を難しくしているのでしょうね。
Posted by u-taka at 2005年12月23日 03:28
ありがとうございました。彼女が死んでしまったのか、別れてしまってのか分からなくて〜。曲のタイトルもただ…逢いたくてでしょ。この…の部分の解釈をはっきりさせたかったんです。すっきりしました。
Posted by さおり at 2006年01月01日 02:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10705602

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。