2006年01月17日

早速「THE 有頂天ホテル」を観ました!

週末に、三谷幸喜の話題作「THE 有頂天ホテル」を観てきました。
とても面白かったです!!
痛快なエンターテイメント映画。満員の観客から何度もどっと笑いが起こりました。私自身も大いに楽しませていただきました。映画館を出たときに、充実感というか爽快感というか、そういったもので満たされました。
THE有頂天ホテル・プレミアムステイ

とにかくおススメの作品です。
邦画好き、コメディー好きはもちろん、多くの方が楽しめる映画だと思います。

----------------
この映画では、副支配人の新堂(役所広司)とアシスタントの矢部(戸田恵子)を中心に、ベルボーイ(香取慎吾)、客室係(松たか子)、汚職国会議員(佐藤浩一)、演歌歌手(西田敏行)など、多くの人間模様が、次から次へと展開します。
登場人物が多くなると、個々のエピソードがバラバラで薄っぺらくなることが危惧されますが、この映画では、その点を逆に利用しています。
めくるめく変わる展開、小気味良いスピード感がユーモアを生み出し、更にその中でバラバラだった人間同士がつながっていく様が面白い。

映画の中では唐沢寿明とオダギリジョーが、意外にも三枚目を演じています。普通では考えられませんね。
しかし、三谷幸喜(作品)の面白さは、ここにあるのではないかと思います。
「二枚目が三枚目を演じたら?」
「上司と部下を逆転させたら?」
のように、常に「逆の発想」から魅力ある脚本が生まれてきているのではないでしょうか?

あぁ、面白かった。

この作品を観ていて、何となくですが昔読んだ恩田陸の「ドミノ」を思い出しました。
ストーリーは全く違うのですが、非常に多くの登場人物と小気味良い展開が似ているような気がしました。
恩田陸・ドミノ
posted by u-taka at 00:45| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントありがとうございました。最高ですね、この作品。前半にいろいろ布石を打っておいて、後半に一気にもってくる。三谷作品独特の笑いのテンポにはまりました。
Posted by taka-9 at 2006年05月11日 12:39
コメントありがとうございます。
「有頂天ホテル」は本当に面白いですよね。
話をしていたら、もう一度観たくなりました。
Posted by u-taka at 2006年05月12日 01:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11791827

この記事へのトラックバック

THE有頂天ホテル
Excerpt: 14日公開の「THE有頂天ホテル」。公式HPはhttp://www.uchoten.com/です。 ずっと楽しみにしてたので、公開日に早速観てきました。 久しぶりに楽しめる映画に出会えたって感じ♪ ..
Weblog: きれいになりたい!美肌追求中 -40代の挑戦-
Tracked: 2006-01-17 20:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。