2006年01月29日

映画「単騎、千里を走る。」を観ました

昨日から公開の映画、「単騎、千里を走る。」を早速観てきました。
単騎、千里を走る。

感動のある素敵な映画でした。後半は泣けます。
観終わったあと、色々考えさせられる映画でもありました。

----------------
この映画のタイトル「単騎、千里を走る。」とは、三国志の関羽にまつわる中国の仮面劇のことです。
主人公、高田剛一(高倉健)は、仲違いした重病の息子のために、息子が興味を持っていた仮面劇を撮影しに中国へ旅立ちます。
剛一は中国で出会った数々の出会いを通じ、自分と息子の関係を見つめ直します。

健さんはやっぱりすごいですね。無言のシーンが多いのですが、無言でこれだけ存在感を出す俳優は、他にいないと思います。
素朴で実直な健さんの演技を観ながら、人と人とのつながり、そして親子の関係について深く考えさせられました。

この映画の観客は、全体的に年齢層が高めでした。内容的にも、子を持つ親にとって共感を得られる作品だったと思います。しかし、親の世代だけでなく、10代、20代の若い世代がこの映画を観て、何かを感じ取ればいいことだなと思いました。
おススメの作品です。
posted by u-taka at 02:02| Comment(1) | TrackBack(4) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
u-taka さん TB&コメント有難うございます
高倉健さんの紀行映画であり、ヒューマンドラマであり、泣かせたり、笑わせたり、中国の自然、荒涼な大地を感じ、観終わった後が清々しい気持ちになる本当に良い映画でしたね

>これからもあの”シブさ”で多くの映画に出続けて欲しいなと
(^◇^)全く同感です
重厚な演技の大物脇役としても活躍して頂きたいとも感じてますが。
難しいかもしれません
Posted by hide at 2006年02月03日 13:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

単騎、千里を走る。
Excerpt: 映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトの単騎、千里を走る。情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックし..
Weblog: □film-navi〔フィルムナビ〕
Tracked: 2006-01-31 07:28

『単騎、千里を走る。』2006・1・30に観ました
Excerpt: 『単騎、千里を走る。』  公式HPはこちら ●あらすじ 長年絶縁状態であった息子の健一(中井貴一《声のみ》)が、病で余命も危ぶまれる状態と知った高田(高倉健)。 彼は息子が中国で遣り残..
Weblog: 映画と秋葉原とネット小遣いと日記
Tracked: 2006-02-01 20:51

【劇場鑑賞11】単騎、千里を走る。(千里走単騎)
Excerpt: 張芸謀(チャン・イーモウ)監督、高倉健主演。 まごころが世界を変える。
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-02-06 23:42

「単騎、千里を走る」荒野の夜空に響く笛の音を聞け
Excerpt: 「単騎、千里を走る。」★★★☆ 高倉健主演、チャン・イーモウ監督作品 ★昨年10月に東京国際映画祭に主演の高倉健さんを 迎えての上映で見てから、3ヶ月ぶりに再度見ました。 感想はほぼ同様な..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-02-16 07:52

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。