2006年02月11日

旅日記・春の北海道道南 (5)函館土産選び

今日は最終回。函館の最終日の模様をお送りします。

●雨の中、賑わう函館朝市へ
残念なことに、最終日は強い雨が降り注ぐ一日となりました。気温も低く冷え込んでいるため、外を歩いての市街観光は無理だと判断し、土産物を探す一日としました。
函館と言えば函館朝市なので、早速朝市でお買い物することにしました。
函館朝市.jpg

最初はまばらだった人も、徐々に増えてきて活気が出ました。
観光客と見るや次から次へと店員(呼び込み)に声を掛けられます。気が弱い人だったら、何か買わされてしまいそうですね。

--------------------------
●最高の毛がにを求めて
私が買いたかったのはズバリ「毛がに」です。
東京のスーパーでは絶対食べられない立派なやつを探し回りました。いろいろ見て回って、とある店で二尾購入しました。
結構高くて迷ったのですが、ご主人とその奥さんの自信を信頼することにしました。

「明日仕入れた中でも最高の毛ガニを、浜ゆでにして送ってやる。そのほうが旨いから」

2日後、到着した毛がには本当に最高でした!美味しかった!!
身がたっぷり詰まっていて、ちょっと押し出すだけで、ごっそり身が出てきます。関節であっても器具を使って掻き出す必要なし。殻だけが綺麗に残りました。かにみそも美味。最高!!
浜ゆで毛がに浜ゆで毛がに
(写真はイメージです)
函館朝市を歩いていると、「毛がに一尾1000円!」「お得な3点セット(毛がに、たらば、ずわい)2980円!」のようなビラが目に留まります。
しかし、そのご主人によると、いいカニはそんなに安く手に入らないそうです。いいものを安く売るのはいいことだが、実際は難しく、ひどいところになると色つやが悪く鮮度が落ちたものや、中身がスカスカのものが送られることもあるのだそうです。
観光客には、見た目だけではなかなか判断つきませんね。

●いろいろ購入、北海道土産
毛がにの他に買ったものはというと、まずは「アスパラガス2束」。
北海道の大地で育ったアスパラは、太くてしなやか。歯ごたえもあり美味しかったです。
次に「チーズオムレット」。これは自分用に買った、チーズケーキのお菓子です。
そして、「き花き花」。会社用ですね。チョコのまわりのガレットがサクサクで美味しい。モンドセレクション連続受賞のお菓子で、「白い恋人白い恋人」に飽きた方に喜ばれます。


き花

●帰宅、そして旅の反省点
土産購入後、函館美術館で「ロートレック展」を見て、飛行機の時間に合わせて函館空港に向かいました。帰りの飛行機の中で、「今回の旅は充実したな」という実感がありました。
今回の旅はGWにも関わらず、非常にリーズナブルなプランで満足度も高かったです。
しかし、反省点もあります。
それは函館市街をじっくり見られなかったことと、桜の名所、松前城に行けなかったこと。北海道にいると、ドライブが楽しいので何時間、何キロでも車に乗りたくなりますが、肝心の観光がおろそかになってはいけません。
今度は函館だけで、3泊4日くらい滞在したいですね。
posted by u-taka at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | たびたび旅日記・北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13151004

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。