2006年02月12日

早稲田ラグビー、社会人を下す!

本日のラグビー日本選手権で、早稲田大学がトヨタ自動車を28−24で下しました。
最後まで手に汗握る、白熱した試合でした。
何でも大学生が社会人を下すのは18年振りだそうです。特にここ近年、社会人が格段にレベルアップしており、大学生との差は歴然としていました。もはや大学生は、社会人(トップリーグ)から勝てないのではないかと考えられたほどです。
大学生がトーナメントの下位から始まる現行の日本選手権の仕組みも、このような流れを受けたものです。
それだけに、今日の試合での早稲田の勝利は素晴らしいものだと思います。
本当に感動しました。おめでとうございます。

-------------------------
早稲田の勝利が偶然でないことは、試合展開とボール支配率からも分かります。
常に早稲田が先行し、早稲田ペースで試合が進みました。
一方のトヨタはどうかというと、2人の大型ニュージーランド選手、そして快速BKの難波選手、水野選手など状況を一気に打開できる選手がいましたが、あまりにもミス(ペナルティ)が多かった。

NHKの解説にもありましたが、早稲田は相手をよく研究していたと思います。度重なるラインアウトのボール奪取は、相手のパターンを知り尽くしていたからだと思います。また、相手ゴール前でのFW戦(スクラム、モール)では、相手の弱いサイドを押すようコントロールされていたかに見えました。あとハーフタイムの清宮監督のコメントに「対トヨタ用のディフェンスを敷いている」とありましたね。
一方のトヨタ側は「ワセダの9番(矢富選手)と10番(曽我部選手)の動きを封じろ」という選手レベルの把握のみで、プレーに着目した研究はなされなかったのかもしれません。

このあたりは、「社会人へ勝つためにこれまで頑張ってきた」という早稲田と「あくまで日本一への通過点に過ぎない」というトヨタの考え方の違いに現れていた気がします。

いや〜、今振り返っても面白い試合でした。
早稲田からジャパンに選出された曽我部選手は本当に能力ありますね。その他、FW豊田選手やCTB今村選手あたりも動きが良く、今からでも十分社会人に通用すると思いました。

次は準決勝、東芝府中戦ですね。この試合を観た東芝府中も本気で来るでしょう。
次の試合も楽しみです。
posted by u-taka at 22:03| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

早稲田ラグビー:とうとう社会人に勝利!
Excerpt: 泣いた。泣きました。 こんなに熱くなった瞬間はそうそうありません。 とうとう早稲田ラグビーが社会人相手に勝ちました。1988年以来の快挙です。 清宮監督により大学史上最強となった早稲田が日本選手権で..
Weblog: 支部長の離れ
Tracked: 2006-02-13 12:25

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。