2006年03月10日

旅日記・春の北東北 (3)奥入瀬、蔦温泉

旅日記も第3回。いよいよ秋田から青森に入りました。
十和田湖に到着、まずは奥入瀬渓流沿いを散歩しました。

●マイナスイオンたっぷりの奥入瀬渓流
スタートは十和田湖畔の子ノ口。焼山、十和田湖温泉郷に向って観光することにしました。残念ながら新緑の時期よりも前だったのですが、天気も良く気持ちよく散歩できました。
写真は白糸の滝です。

奥入瀬_白糸の滝.jpg

その他、幅広く、迫力のある銚子大滝、大岩の間を力強く流れる阿修羅の流れなど見所がたくさんあります。中でも私が気に入ったのは石ヶ戸付近の景色。

奥入瀬(石ヶ戸).jpg

豪快な滝や川の流れもさることながら、穏やかな流れもいいですね。気持ちが安らぎます。

----------------------
●十和田湖特産のヒメマスを
ちょっと遅めの昼食は十和田湖名物ヒメマス!
色々な調理法がある中、オーソドックスなヒメマス定食(塩焼き)を食べましたが、これが美味しい!少しオレンジがかった身を塩味で香ばしく焼き、ほくほくした身を白いご飯と頂く。
写真がないので伝わりにくいですが、本当に美味しいです。ぜひ食べてみてください。

●古風なたたずまいの癒し宿、蔦温泉旅館
今回の旅で桜と同様に楽しみにしていたのが、蔦温泉です。木造2階建ての風情のある宿構え、古い佇まいを残した部屋。すべてが私にとって新鮮でした。

蔦温泉(宿正面).jpg

何といっても温泉。特に「久安の湯」は素晴らしかったですね。
ヒバ造りの浴槽、無色透明のお湯。中に入ると、湯船の底から時折「ぽこっ」と生まれたての湯の玉が上がってきます。極楽です(写真なくてすんません)。

そして食事。こんな感じです。
蔦温泉(食事).jpg 蔦温泉(食事ニジマス).jpg

魚はヒメマスではなく、ニジマスです。美味しかった…。この旅行で魚好きになりました。

蔦温泉の周囲は、うっそうと生い茂るブナ林で森林浴もできます。
蔦沼まで散歩するのもいいかもしれません。

蔦沼.jpg

素晴らしかったです。明治、大正時代から”時が止まった”この空間に身を委ね、何も考えずにのんびりと過ごすことができました。

次回は弘前に向かいます。
posted by u-taka at 01:51| Comment(2) | TrackBack(0) | たびたび旅日記・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東北、北海道はどこに何回行って温泉はどこに入り、などあまり覚えてないですね。仕事でも、プライベートでも東北は全部回ってるのですが?良く覚えてる場所は奥入瀬、雫石でスキー、男鹿、浄土が浜、あたりですかね。その頃、ブログなる物があれば良かったんですが。
話は変わりますがバックアップしてますか?私はseesaaで先日のトラブルで記事が2つ飛びました。メールしても返答もない状況です。波乗り野郎と言うソフトで数日前にバックアップしたのでギリギリセーフでした。無料で簡単なのでお薦めです。
Posted by hiroyuki at 2006年03月14日 21:32
hiroyukiさん、こんばんは。
男鹿と浄土ヶ浜、かねてから行こうと思っているのですが、まだ行ったことないんです。
両方とも絶景なんですよね。私の求めるものが確実にあると思います。しっかり頭の中にインプットしておきます(笑)

バックアップの話、ありがとうございます!
hiroyukiさんは記事が飛んでしまったのですか?私の記事はどうなんだろう???
見てのとおり、自分の思ったことを勝手に書いているだけの雑多なブログなので、あまり考えていませんでした。。。
そうは言っても、毎日綴ったものがなくなるとショックですよね。

時間を見つけてバックアップしようかと思います。
Posted by u-taka at 2006年03月15日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14550244

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。