2006年03月11日

旅日記・春の北東北 (4)弘前、青森

今日で第4回。ちょっと長くて読みづらいですが、もう少しで終わりです。この日は、蔦温泉から弘前に向いました。

●残念!弘前の桜には間に合わず…
そうなんです。。。写真のとおり、すっかり桜は散ってました。

弘前城_本丸.jpg

この年は、4月20日頃にピークを迎えたようで、私が到着した5月あたまには、ほとんどの桜が散ってました。残念ですが、いつの日かまた訪れたいと思います。いともはかないですね。しくしくしく・・・。

●気を取り直して、岩木山へ
弘前の桜をじっくり見て過ごそうと思っていましたが、予定を変更。岩木山方面へ向かうことにしました。で、これがその岩木山です。

岩木山.jpg

山肌に積もる雪と稜線がすごく綺麗な、存在感のある山です。
この岩木山。青森県では最高峰の山で「津軽富士」とも呼ばれるそうです。古くから山岳信仰の対象として崇められていたのだとか。確かに、近くの「岩木山神社」から見る岩木山は神々しさを感じます。

ここまで来てよかったです。ケガの功名ですね。

●嶽温泉とマタギ飯
さて、さらに奥に進むと嶽温泉というところに到着します。せっかくなので、ここで食事を取ることにしました。
私が立ち寄ったのは「山のホテル」。嶽温泉では一番目立ちます。

嶽温泉 山のホテル

食べたのは嶽温泉の名物「マタギ飯」です。旅館の看板にもでかでかと書いてあります。マタギとは「狩人」のことで、マタギが捕ったキジ肉などを炊き込んだご飯なのでマタギ飯と言われるそうです。炊き込みご飯は釜飯風で、キジ肉の他、舞茸、竹の子、ごぼうなどが入っています。

調理に時間が掛かるので、店に入るまでに結構待たされましたが、入店待ちの間、山のホテル内の温泉につかって時間を潰すことができました。

●そして青森へ
青森ワシントンホテル結構遠くまで行ったので、青森についたのは夜でした。泊まったのは「青森ワシントンホテル」。これまで高くて風情のある温泉宿に泊まったので、青森では快適かつリーズナブルなホテルを選びました。
客室はすごく綺麗だし、朝食バイキングも豊富で良かったです。
値段が安いだけに満足度が高いですね。

本当は弘前に泊まりたかったのですが、桜のシーズンは混雑していて予約できませんでした。
弘前に泊まりで桜を観に行くのであれば、早め早めの予約がいいですよ。

以上です。次回はようやく最終回。
posted by u-taka at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | たびたび旅日記・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14609099

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。