2006年03月16日

TV版「白夜行」もいよいよ佳境

TBS木曜9時から放送の「白夜行」も、いよいよ佳境に入ってきましたね。
人気小説であり、かなり重い内容なので、TVドラマ化に抵抗がある方が多かったことと思います。

白夜行 完全版 DVD-BOX(6枚組)

意見は色々あるかと思いますが、私自身、これまでの内容を見る限り、TV版はTV版として良くできているなと思いました。
渦巻く人間模様、毎回訪れる緊迫、衝撃のシーン。1時間の枠を上手く使っているなと思います。これからどうなるのかと思っていたら、柴咲コウのテーマソングが…。
毎週終わったところで、早く次の展開が観たくなります。
こう思わされたところで認めざるを得ません。

------------------------
確かに山田孝之、綾瀬はるかのお二人が演じる桐原亮司、唐沢雪穂は、私の中にあるイメージと違いますが、これまで好演していると思います。
ここ数年のうちに、どんな役でもこなす、引き出しの多い俳優になりましたね。

ただ、どうしても気になるのは、ストーリーが亮司と雪穂の視点で展開されるところ。二人の人間性が色濃く出過ぎている気がします。
「葛藤」「動揺」「人間としての脆さ」など、演技が上手なだけに感情移入してしまいますが、この作品に関して言えばちょっと過剰かも。
そんなにヤワな二人ではなかったはず。
彼らの悪行の数々が正当化されているかのような感覚もあります。

そのあたりはTVがもたらす影響力の強さや、出演者のイメージを考えて作られているのかもしれませんね。

いずれにせよ、TV版の結末がどうなるのか注目です。
posted by u-taka at 23:37| Comment(4) | TrackBack(1) | 徒然なる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は作者と何度か銀座のクラブで一緒になりました。色々ドラマの危ないシーンみてると作者の顔が浮かんでしまいます。彼は今、毎月凄い額のお金を手にしてるので、変な方向にいかないと良いなと思ってます。色々なこと知ってたりするので…?書けないですが。
Posted by hiroyuki at 2006年03月18日 00:00
ほぇーーー。そうなんですか!
驚きましたね。雑誌とかではよく見ますが、実物とはうらやましい。
変な方向?色々なこと?ってのはちょっと気になりますね(笑)
Posted by u-taka at 2006年03月18日 02:05
 原作ではもっと雪穂が極悪人だと聞いたんですけど、そうなんですか!?

 ドラマだけ見てると、亮君&雪穂を応援してしまって、武田鉄矢が極悪人に見えますもの(汗)犯罪者を応援するなんてなんだか変な感じです☆
Posted by 私の趣味日記 at 2006年03月18日 06:52
私の趣味日記さん(でいいのかなぁ。。。)、コメントありがとうございます。

確かに亮司と雪穂に感情移入しちゃいますよね。時折、「いかんいかん」とか思いながら(笑)
毎回、暗く切ない過去がフラッシュバックされるし、ひしひしと二人の想いが伝わってくるので、余計にそう思います。

原作の雪穂は、さらに大人で美しく、そしてスマートな印象でしょうか。表面的には感情豊かですが、すべて演じられたもの。
まさに男が、弱いタイプです(笑)

先日、私も友人に原作をススめたら
「分厚いけどすぐ読めた!おもしろいね」
と言ってました。ぜひ読んでみてください。原作は原作で面白いですよ!
Posted by u-taka at 2006年03月18日 09:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14936904

この記事へのトラックバック

白夜行
Excerpt:  第10話{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}  「たった一人気付いたやつを殺すんだ。」って亮君言ってたけど、それってやっぱり篠塚さんのこと?それとも武田鉄..
Weblog: 私の趣味日記
Tracked: 2006-03-17 09:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。