2006年04月15日

旅日記・長崎 (2)平戸

ハウステンボス宿泊の翌日は、一気に北上、平戸へ向かいました。
佐世保駅から特急バスで1時間10分。長崎駅やハウステンボスからは少し遠いですが、行く価値あります。とても素晴らしい町でした。

●東洋・西洋の融合した美しい町
17世紀以降、オランダなど西洋各国との貿易の拠点となった町、平戸。西洋文化が広く伝わった町として、今もその名残を残しています。
写真は、「寺院と教会の風景」です。

寺院と教会の風景.JPG

石畳の道から、寺院の伽藍と、教会の尖塔を見渡すことができます。その珍しくもエキゾチックな風景に、しばし心を奪われます。

------------------------
その他、エキゾチックな平戸を象徴する風景です(写真はイマイチかもしれませんが…)。

歩道沿いの銅像.JPG  オランダ塀.JPG

ザビエルと海.JPG

●高台にそびえ立つ平戸城
亀岡公園の坂を登り、辿り着いたのはシンプルな作りの平戸城です。

平戸城.JPG

平戸城は、兵学者・山鹿素行(やまがそこう)の兵法に基づいて設計され、1718年に完成となったそうです。そして、現在の城は1962年に復元されたものだそうです。城内には、武具や銅像などをはじめ、数々の文化財が展示されています。

何といっても、このお城から見る景色が素晴らしい。
平戸の町と海が一望できるんですよ。

平戸城からの風景.JPG
posted by u-taka at 00:10| Comment(2) | TrackBack(1) | たびたび旅日記・九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついに平戸が!
やはり良い所ですね。私は日帰りで車で行ったので、お城はとばして教会めぐりでした。ここは一日では足りない位、素敵な所ですね。本当は名物のヒラメでもゆっくり食べて温泉が一番かもしれません。 記事みてたらまた行きたくなって来ました。
Posted by hiroyuki at 2006年04月15日 02:02
このあたりはヒラメが名物なんですか?
あぁ、私としたことが、全然気にしてなかったなぁ(笑)
ここはちょっと遠かったのですが、行って正解でした。雰囲気がいいのに観光客が少ない。歩いていて気持ちが良かったです。
Posted by u-taka at 2006年04月16日 02:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16583764

この記事へのトラックバック

平戸の教会 1 「大天使聖ミカエル」
Excerpt: PHOTO hiroyuki-Hondo 大天使聖ミカエル 平戸城対岸の小高い丘に建つ緑色の教会堂。 聖フランシスコ・ザビエル師の三度の平戸訪問を記念して、聖堂前側面に聖師の記念像が昭和4..
Weblog: 地球の子供 a child of the earth
Tracked: 2006-04-15 01:52

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。