2006年05月15日

映画「LIMIT OF LOVE 海猿」を観ました

ひさびさに映画を観てきました。
観たのは話題の作品「LIMIT OF LOVE 海猿」です。



私にとっては、ひさびさの和製アクションムービー。すごく面白かったです!
緊張&ピンチの連続で、ハラハラさせられました。時間を忘れてスクリーンの映像に入り込んでいたため、劇場を出たときにどっと疲れがでました。私も呼吸を止めていたのでしょうか(笑)

--------------------------
「下は全面浸水、上は火の海・・・脱出不可能だ・・・」
海上保安庁の潜水士・仙崎大輔(伊藤英明)が、今回人名救助に向かうのは鹿児島沖で座礁した大型フェリーです。船内の救出作業から仙崎、バティの吉岡(佐藤隆太)、妊婦(大塚寧々)、そして中古車セールスの男(吹越満)の4名が取り残されます。
浸水と火災が進む中、現在位置も脱出ルートも分からない”極限”状態の4人が、もう一度空を見るために死力を尽くします。

もちろん、前回の映画やTV版同様に、仙崎と環奈(加藤あい)のラブストーリーもあります。シチュエーション的に少々ツッコミたくなりますが、もちろん許されます(笑)
しかし、仙崎はちょっとカッコよすぎるぞー。

撮影も実際に水中や海上で行われているため、迫力、リアルさが伝わってきます。
細かいことを言うと水中の脱出シーンの映像や、最後のシーンの映像(アップ以外)をもう少し見たかった気もします。
まー、技術的になかなか難しいのでしょうかね。

とにかく面白い映画でした。
緊張感のある映画なので劇場で観ることをおススメしたいですね。

posted by u-taka at 23:04| Comment(5) | TrackBack(1) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい見たいと思っているですよ。やっぱり良かったですか。映画もドラマも見ているだけに気になります。
Posted by taka-9 at 2006年05月15日 23:46
ぜひ、劇場で観てください!
やっぱり大スクリーンと大音響はいいですよ。
Posted by u-taka at 2006年05月16日 00:21
天気 として スイレン サイエンス 月に最悪記録と ブエノスアイレス 多面 犯罪の要因も指 報道 ホームページ
Posted by 文化・芸能 at 2007年08月31日 14:08
antimellin rousseauist howso orthodoxical impaler orthographize scion apport
<a href= http://www.smartstudios.co.uk >Smart Studios</a>
http://www.oldsmobile.com/

癒しを求めてどこまでも
Posted by Camille Nash at 2007年12月16日 11:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17860927

この記事へのトラックバック

LIMIT OF LOVE 海猿
Excerpt: 振替半休で、以前から気になっていた映画を観ました。 『海猿』です。 この作品、最初の映画化以前にコミックも買ってました。 当然ながら、海猿の最初の映画作品、 ドラマ化された作品、すべて観てます..
Weblog: 苗成長日記
Tracked: 2006-06-29 12:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。