2006年05月24日

山下公園を歩く

5/5と5/22の日記にも書きましたが、もう少し山下公園について書こうかと思います。
海に面した山下公園は、休日には家族連れやカップルの憩いの場となります。レジャーシートを持っていって芝生で寝るもよし、ベンチに座って海を眺めるもよし。何も考えずに悠久のときを過ごせます。

山下公園_ナ生と氷川丸.JPG

もともとは居留外国人の専用公園だったのですが、1930年に日本発の臨海都市公園としてオープンしたのだそうです。

--------------------------
●童謡にちなんだ像と歌碑
大桟橋から入って氷川丸に向かう途中に、「赤い靴履いてた女の子像」と「かもめの水兵さんの歌碑」があります。
赤い靴履いてた女の子像は、もちろん有名な童謡「赤い靴」にちなんだものです。横浜の港から、外国に連れて行かれたという悲しいお話ですが、この話の結末には色々な解釈があるようです。
童謡「かもめの水兵さん」も横浜発祥です。

山下公園_赤い靴履いた女の子像.jpg かもめの水兵さん歌碑.JPG

●世界に続く道
山下公園_世界の広場.JPG横浜博覧会(1989年)に合わせて山下埠頭より東側がリニューアルされました。そのときに整備されたうちの一つが「世界の広場」です。この噴水は6大陸を意味する6つのゲートにつながっています。
ここから、先月リニューアルオープンされた「横浜人形の家」に行くことができます。その先に続くのが、港の見える丘公園に続く「フランス山」です。

●その他、山下公園の風景
その他、山下公園には色々な建造物があります。その一部を。

山下公園_インド水塔.jpg 山下公園_水の守護神.JPG

山下公園_ガールスカウトの像.JPG 山下公園の噴水.JPG

写真左上…インド水塔。在日インド人教会から寄贈されたものです。
写真右上…水の守護神。姉妹都市のアメリカ・サンディエゴ市から寄贈されたものです。
写真左下…ガールスカウト像。日米ガールスカウト友好50周年とガールスカウト日本連盟の世界連盟正加入を記念して建てられたものです。
写真右下…公園東側にあるカスケードです。「世界の広場」と同時期に整備されたものです。

普段あまり気にしなかったのですが、こうやって見ると色々ありますね。
posted by u-taka at 00:37| Comment(4) | TrackBack(0) | ヨコハマ街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山下公園、横浜に住んでから全然行ったことないです。花も綺麗ですし、たまに行くにはいいかもしれませね。
Posted by taka-9 at 2006年05月25日 12:59
ぜひ、行ってみてください。
目的を持たずにぶらぶら散歩もいいものですよ。
Posted by u-taka at 2006年05月25日 23:33
これからブラブラするには良い時期ですよね☆
外国人専用公園の時は、山下公園内にプールがあったらしいです(?)
Posted by n at 2006年05月26日 12:38
へー。山下公園内にプールですか。知りませんでした。
山下公園の散歩は本当に気持ちがいいですよね。私の場合、特に何もすることがないときや、お金がないときにぶらぶらすることが多いです。
Posted by u-taka at 2006年05月29日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18285842

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。