2006年05月25日

マリーンシャトルでクルージング

山下公園からは、横浜駅に向かうシーバスと、横浜港をぐるっとまわる遊覧船に乗ることができます。
遊覧船には「マリーンルージュ」と「マリーンシャトル」があるのですが、「マリーンシャトル」には何度か乗ったことがあります。

マリーンシャトル.JPG

天気が良い日は、昼に乗っても、夕暮れ(夜)に乗っても心地よい”プチ船旅”になります。
今回はマリーンシャトル・クルージングの様子でも。

-------------------------
マリンシャトル2階.JPG今回は60分のクルージング。山下公園を出発後、ベイブリッジ、大黒ふ頭、鶴見つばさ橋の順に周遊します。
船内は3階建てになっています。写真は2階の「ビューシート」。南欧風のカフェテリアをイメージしています。私はソファに座り、コーヒーを飲みながらクルージングを楽しみました。

出発後、数分でみなとみらいの風景が遠ざかり、代わりにベイブリッジが近づきます。普段、遠くから見ているだけのベイブリッジ。通過するのは不思議な感覚です。
船内でベイブリッジの通過を見届け、オープンデッキへ。…うーん、風が気持ちいい。

船内から見るベイブリッジ.JPG デッキから見るベイブリッジ.JPG

そして、大黒ふ頭と扇島をつなぐ鶴見つばさ橋へ。
デッキから見る鶴見つばさ橋.JPGこの鶴見つばさ橋、鳥が翼を広げた姿を思わせる外観からその名が付いたそうですが、由来どおりシャープで美しい橋です。一面吊りの斜張橋としては世界最大だそうです。
現在は首都高湾岸線に架かった橋ですが、将来は国道357号線に架かる橋が並列に建設され、双子橋になるそうです。

ボーっと海を眺めていると、60分はあっという間です。
今回紹介したのは昼間のクルージングでしたが、夕景、夜景を見ながらのクルージングも最高ですよ。
posted by u-taka at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨコハマ街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18372014

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。