2006年06月04日

旅日記・立山黒部アルペンルート(前編)

最近、横浜ネタが多かったのでたまには旅日記を更新します。
いよいよ山シーズン到来ということで、初夏におススメの、立山黒部アルペンルートをお送りします。
※実際に訪れたのは数年前の話になります。

●いざ立山黒部へ〜今回のルート
出発は夜。早朝から立山黒部を楽しみたかったので、0時40分八王子発の「ムーンライト号」に乗ることにしました。夜行列車っていいですね。旅の雰囲気が出て気持ちが高ぶります。
電車に揺られること4時間半。5時過ぎに信濃大町という駅に到着します。
ここからのルートを描いてみました。

立山黒部アルペンルート_map.gif

長野県の信濃大町から、トロリーバス、ケーブルカー、ロープウェイなどを乗り継ぎ、富山県の立山駅、電鉄立山に抜けます。
その間、黒部ダム、大観峰、室堂といった観光スポットを通ります。

今回は、大観峰までのルートを見ていこうと思います。

----------------------------
●豪快な黒部ダムを眼下に
信濃大町からバスで扇沢に到着後、トロリーバスで赤沢岳のトンネルを抜けるとそこは黒部ダムです。日本有数の貯水量を誇ることで有名ですね。黒部ダム展望台からは、巨大なダムと山景色のパノラマが広がります。

黒部ダム(パノラマ).JPG

このダムの完成までに、多額の工費と人員が投じられたのですが、完成までには数々の苦難があったそうです。この話が、NHKの人気番組だった「プロジェクト]」でも取り上げられました。
紅白歌合戦で中島みゆきさんが黒部ダムの洞窟?で「地上の星」を歌ったのは強烈なインパクトがありましたね。

●景色と高山植物が楽しめる黒部平
黒部平到着.JPG黒部ダムから黒部湖まで歩き、そこからはケーブルカーに乗ります。380mほど登ると黒部平に到着します。標高1828mということで、初夏と言え、結構寒くなります。
ケーブルカーを降りたところは「黒部平庭園」と呼ばれ、ここでは立山連峰の景色や、高山植物が楽しめます。
この先の大観峰、室堂まで一気に登らないで、このあたりでのんびり休憩するのがいいですね。ちなみに、私は「レストラン黒部平」できのこめしをいただきました。

レストラン黒部平のきのこめし.JPG

●雄大なパノラマ広がる大観峰
腹ごしらえを終えたところで、ロープウェーに乗り、標高2316mの大観峰へ。ロープウェーからの景色もいいのですが、大観峰展望台からの景色がひときわ素晴らしい。立山連峰と黒部湖を眺めながら吸い込む空気が美味しいんです。

大観峰展望台から黒部湖を見下ろす.JPG

これだけの景色に癒されないわけがありません。
来て良かったー。
この記事へのコメント
夏の立山黒部いいですね〜。山好きの自分には癒されます。確かに、紅白歌合戦で中島みゆきさんが歌ったのはすごかったですね。ちなみに何泊ぐらいで行かれたのですか?
Posted by taka-9 at 2006年06月04日 21:15
仕事の関係でよく信濃大町に行ってました。実は四季さんの倉庫があるんですよ。結構通ってました。
駅前の蕎麦屋がお勧めです。親父さんにお薦め聞くと「今日は寒いのでもりかな?」みたいな返事が帰ってきました。
黒部はすばらしいところですが、乗り換えの度にあの高額な料金はどうにかならないですかね。
引き続きレポ楽しみにしてます。
Posted by hiroyuki at 2006年06月05日 00:01
taka-9さん、こんにちは。
後編に書きますが、このときは1泊の旅行でした。宿泊地は立山、帰りは富山空港から飛行機です。富山−東京間って電車だと不便なので、楽して帰れました。
値段的にも新幹線(JR)と飛行機で大して変わらなかったような気がします。
Posted by u-taka at 2006年06月05日 01:21
hiroyukiさん、ご無沙汰してます。
時間的な余裕があれば、大町市街と温泉郷でのんびりしたいと思いました。長野で食べる蕎麦は本当に美味しいので、きっと駅前の蕎麦屋も美味しいんでしょうね。
確かに”山の交通費”は高くつきますよね。。。本当、どうにかして欲しいです。

最近、家にいる時間が短く更新も滞り気味ですが、できるだけ早く後編を書こうと思います。
hiroyukiさんのブログにも、また遊びに行きますね。
Posted by u-taka at 2006年06月05日 01:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18804323

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。