2006年06月20日

うつむいて歩くヨコハマ

普段目にしているものの、全く気にしないのがマンホールの存在。このマンホール、よく見ると、その地域で有名な建造物や観光名所がモチーフとなっています。
横浜では、よくベイブリッジのマンホールを見かけます。

ベイブリッジのマンホール.jpg

みなとみらい、山下公園から見える海景色には欠かせません。もはや、横浜の”象徴”の一つです。

------------------------------
その他、こんなマンホールを見かけます。

日本丸マンホール.JPG 馬車道のマンホール.JPG

PortOfYokohamaマンホール.JPG カバのマンホール.JPG

・左上・・・日本丸のマンホールです。
・右上・・・馬車道で見かけるマンホールです。
・左下・・・”Port of Yokohama”と書かれています。灯台と船でしょうか?
・右下・・・愛嬌のあるカバのマンホールです。ほのぼのとして好きですね。

そして、最もよく見かけるのがこのタイプのマンホールでしょう。
中央にあるのは横浜のマークですね。

ヨコハマのマンホール.JPG マンホール拡大.JPG

一応、補足しておくと、このマークは「ハマ」という2文字を組み合わせてできたものと言われています。よく見るとそうですね。
posted by u-taka at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨコハマ街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このマンホールよく見ますよね。旅行した時に、その土地ごとで、こういうのも違うので、それも面白いですよね。
Posted by taka-9 at 2006年06月25日 12:02
そうなんです。その土地で有名な建造物や名産品があのスペースに表現されているんですよ。
普段、注目しないところに注目するのは結構面白いものだったりします。
Posted by u-taka at 2006年06月27日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19529183

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。