2006年07月20日

映画「日本沈没」を観ました。

長い年月を越えてリメイクされたパニック映画「日本沈没」。
20億という巨額な制作費を投じた超大作ということで、高なる期待を胸に、早速観てきました。

日本沈没officialbook

・・・むむむむむ。残念ながら期待したほどではありませんでした。
どんな映画でもできるだけ前向きに楽しもうというのが私のスタンスですが、ちょっとダメでした。。。
他のブログではおおむね好評なので、私に合わなかっただけなのでしょう。
私の場合、人気作品をつまらないと言い、不人気の作品を面白いと言う節があるので、センス無いのかもしれません。

そういった点を踏まえた上で、私が感じたことを率直に書こうかと思います。
良い感想ではないので、これから観ようと思っている方、楽しみにしている方は、読まないでくださいね。

---------------------------------
映画のストーリーを簡単に言うと、地殻変動の影響によって大地震や火山噴火が起こり、1年以内に日本が沈没してしまうというお話です。このような形での日本沈没があり得るかどうかは分かりませんが、大地震や火山噴火はいつ起こってもおかしくありません。
したがって、
「天変地異の災害が発生した場合、我々はどうなるのか?」
という”現実味を帯びた将来への不安”を抱きながら、この映画にアプローチしました。

しかし、そんな私のアプローチも見事に跳ね返されてしまいました。全く映画に入っていけないのです。
問題は何かというと、「リアリティの欠如」です。これは、ストーリーや俳優の問題ではなく、CGなどの技術の問題でもありません。あくまで製作側の演出や見せ方の問題です。

日本沈没を前に数々の災難が起こる状況は、凄惨そのもの。生き残った者は地獄のような中を焦燥や疲労に駆られながら、必死に生きていかなければならないはず。
しかし、「笑顔で過ごす姿」「容易な食料調達(大事な食料と思えない)」「汚れのない衣服」「避難所や災害地への移動が容易」などがスクリーンに映し出されます。「・・・え?」あまりの緊張感の無さに呆然としました。

災難の状況は、建物が倒れるシーンや火山噴火のアップと、その場所を指し示すテロップ(「北海道」「九州」など)。そして、海に沈んでいく日本地図。これらが繰り返し流されます。確かに災害CGはよくできていると思いました。
しかし、その合間に差し込まれる民衆のパニック映像はリアリティがありません。ほんの一瞬でしたが、いかにも「表面的に汚しました」というエキストラの集まりでした(健康的にさえ見える)。リアルな災害映像とリアルでない人間描写がうまくリンクしてこないのです。

また、主人公の二人の(恋愛)関係も説明不足だったような気がします。柄本明が演じていた役柄もいまひとつ分からなかったです。
そんな色々なことが気になって、後半の感動シーンも感情移入できませんでした。ものすごい熱演だったんだけどなぁ。

アクションムービーなので、CGに対するこだわりは大切ですが、CGで表現できない部分にもこだわりを見せて欲しいと思いました。

・・・とまぁ、珍しく厳しいコメントを書いてしまいましたが、あくまで素人の感想です。もし、観ていない方でこの記事を読んでしまった方は、変な先入観を与えてしまいました。ごめんなさい。

冒頭にも書きましたが、一般的には非常に評価が高い作品なので、自分の目で確かめた方が良いですよ。
posted by u-taka at 23:50| Comment(3) | TrackBack(1) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
厳しいコメントですね。確かにアクションムービーなのに、全然アクションがない。噴火とか火山灰とかかぶっているはずなのに、服や顔はそんなに汚れていない。全然パニックになっていない。など、リアリティにかける部分が多数ありましたね。
でも、全体的には良かったと思いますよ。観終わった後、黄泉がえりに近いイメージがあるのはなぜなのか?
Posted by taka-9 at 2006年07月21日 12:45
大道芸観覧レポートというブログをはじめました。
ときどき寄ってください。
kemukemu
http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611


Posted by kemukemu at 2006年07月21日 19:29
kemukemuさん、はじめまして。
大道芸とは素晴らしいテーマじゃないですか!!
しかも写真が素晴らしい!モノクロのノスタルジックな雰囲気がいいですね。
ぜひ、立ち寄らせていただきます。
Posted by u-taka at 2006年07月22日 01:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21112365

この記事へのトラックバック

日本沈没
Excerpt: 今日は、京都の余韻が残りつつも、 朝、公開したばかりの日本沈没見てきました。 この夏、気になっていた作品の一つです。 CGがどこまでリアルに再現できるのか、非常に楽しみしてました。 CGは..
Weblog: 苗成長日記
Tracked: 2006-07-21 12:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。