2006年08月15日

旅日記・清里(前編)

夏休みを利用して2泊3日で清里に行ってきました。
そのときの日記をまとめようかと思います。

●山梨名物・ほうとうで腹ごしらえ
中央道・須玉ICから車で約30分。清里に着くや、早速、名物のほうとうを食べることにしました。入った店は「小作」、頼んだのは鴨肉ほうとうです。

清里小作.JPG 鴨肉ほうとう.JPG

大きな鍋に入ったほうとうはボリューム満点。
食べても食べても減りませんが、具だくさんで飽きません。かぼちゃ、山菜、じゃがいも、さといも、ネギ、白菜、にんじん、こんにゃく・・・と何種類あるのでしょう。大満足です。

--------------------------------------------
●サンメドウズ・花の高原へ
お腹がいっぱいになったところで、美し森の奥にあるサンメドウズへ。
ここでは夏場、スキー場のリフトを使って営業しています。リフトは周囲の山々が見渡せるポイントへ行く「パノラマリフト」と、花が咲き乱れるポイントへ行く「フラワーリフト」の2種類があります。この日は雲が多い天気だったので、フラワーリフトが良かったですね。
ということで、フラワーリフトで登った先で撮った写真でも。

フラワーリフト.JPG アザミとハチ.JPG 

花(名前は?).JPG 

●「清里フィールドバレエ」に魅了!
今回、清里を訪れた最大の目的は、萌木の村で行われる「清里フィールドバレエ」という公演を観るためです。

清里フィールドバレエポスター.JPG

夜の野外で行われるバレエとは珍しい。しかも、この日は天気も良く綺麗な満月が出てました。
この日の題目は「おやゆび姫」。モーツァルトの音楽に合わせ、おやゆび姫のしなやかな踊りとともにストーリーが展開します。カエルやモグラのコミカルな動き、ツバメの見事な跳躍力にも魅了されました。
20時〜22時という公演もあっという間、清里まで来た甲斐がありました。

フィールドバレエ終了_花束贈呈.JPG

今回はここまでです。
posted by u-taka at 02:04| Comment(2) | TrackBack(0) | たびたび旅日記・関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小作のほうとう美味しいですよね。支店が何店かあるので、山梨に行った際は食べたりします。『鴨肉ほうとう』は食べたことないなぁ。
Posted by taka-9 at 2006年08月15日 07:06
私もこの店は3度目でしたが、量も味も満足できます。
清里に来たときにはついつい寄ってしまいますね。
Posted by u-taka at 2006年08月16日 02:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。