2006年08月18日

映画「ブレイブストーリー」を観ました

ちょっと前の話になりますが、宮部みゆき原作の映画、「ブレイブストーリー」を観てきました。夏休み中ということもあり、お子様連れの方が多かったですね。

ブレイブストーリー

映画の感想ですが、なかなか良かったです。
確かにお子様向けなのかもしれませんが、大人が観ても十分楽しめます。
タイミング的に、現在公開中の人気映画「ゲド戦記」と比較されることが多いようですね。私は少数派になるかもしれませんが、この「ブレイブストーリー」に一票です。
映像の綺麗さこそ「ゲド戦記」に劣るものの、ストーリーがしっかりしているし、観る者を意識して分かりやすく作られています。

----------------------------
主人公はごくごく普通の小学生・三谷ワタル。このワタルが謎の転校生・芦川ミツルに出会うところからストーリーが始まります。
二人の共通点は”不幸”という運命。この二人がそれぞれ「幻界」と呼ばれる世界に向かい、ワタルは見習い勇者として、ミツルは能力の高い魔道士として戦います。
すべては、運命を変えられる女神に出会うために・・・。

とにかくストーリーが分かりやすい。色々なエピソードを盛り込み過ぎて散漫になるようなことはなく、ワタルの「冒険」に集中できます。もちろん視点もほぼワタル固定です。映像に関して言えば、確かに「ゲド戦記」よりも劣りますが、実によくできています。

製作サイド(原作者、監督など)のメッセージもしっかりと伝わってきます。
それは、ワタルとミツルが背負う”不幸”は重く、切実なものであるからです。また、その二人の思い、気持ちの移り変わりが納得できるようなストーリーになっていたからこそ、心に刻まれるのでしょう。製作者が「何を伝えたいか」だけでなく、観る者に「どう伝えるか」は大事だと思いました。
メッセージ性ばかりが目に付くと、「押し付けがましさ」のような印象を受けますからね。

もう一点良かったのは、ワタル役の松たか子さんの声。
話題性優先でタレント(俳優)を声優にするのは反対でしたが、彼女の声に関しては素晴らしいと感じました。

全体的に良かったのですが、もう少し”冒険の過程”をじっくり観たい気がしましたね。時間の関係上、かなり展開が速く、端折っていたのが残念でした。30分全8〜10回くらいのアニメ番組として放送しても面白いですね。

ワタル
posted by u-taka at 00:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22480066

この記事へのトラックバック

ブレイブ ストーリー
Excerpt: ちょっと前から観たかった作品。 宮部みゆき原作で気になってました。 内容は子供向けですが、大人でも十分楽しめる内容でした。 {{{: 作品紹介 宮部みゆき原作ファンタジー小説「ブレ..
Weblog: 苗成長日記
Tracked: 2006-12-10 16:09

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。