2006年08月20日

延長15回の激戦!両校譲らず再試合

凄い!本当に凄すぎる!!
高校野球決勝、駒大苫小牧VS早稲田実業は延長15回の激戦の末、1対1の引き分けに終わりました。引き分け再試合です。

駒大・田中投手と早実・斉藤投手の息詰まる投手戦。両チーム再三チャンスを掴みましたが、両投手が要所を締めました。

延長15回表、駒大・4番の本間選手に140キロ代後半の直球を投げ込む斉藤投手に鳥肌が立ちましたね。スタンドも大歓声でした。決勝まで連戦連投。この日も170球以上投げているとは思えません。
一方の田中投手も負けん気を全面に出し、力のあるボールを投げ込みました。165球、集中は途切れませんでした。

これだけの投手戦だと、守っている時の緊張はすごいでしょうね。

両校の選手、とりわけ田中投手と斉藤投手の疲労はものすごいでしょう。気力で望む再試合、どんなゲームになるか楽しみです。
あぁ、明日は平日なんですね・・・会社休みたい(笑)
posted by u-taka at 17:00| Comment(2) | TrackBack(2) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年の夏、甲子園大会は2倍楽しみ少し残念でした。
よろしければTBさせて下さい。
Posted by ato at 2006年08月21日 21:32
コメント&TBありがとうございます。
本当に素晴らしい試合でした。2日続けて緊迫した試合ができるとは、本当に戦力が拮抗していたのでしょう。集中力と気力もものすごいものを感じました。
また、こんな試合を観たいものです。
Posted by u-taka at 2006年08月22日 02:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22582707

この記事へのトラックバック

高校野球 駒大苫小牧対早稲田実は延長15回の末に引き分け再試合に みかんの国の社労士@コラム
Excerpt: 第88回全国高校野球選手権大会、決勝戦が20日に行われ、夏3連覇を狙う駒大苫小牧(南北海道)、初優勝を目指す早稲田実(西東京)との対戦となったが、延長15回の末、1??1で引き分け。
Weblog: みかんの国の社労士開業への道
Tracked: 2006-08-20 22:49

筋書きのないドラマ
Excerpt: 誰が最初から予想出来たでしょう 夏の甲子園大会決勝戦が決着つかずの再試合 最後の試合となる筈が 延長15回を戦って 同点となり大会規定により 明日再び駒大苫小牧は早稲田実業と戦うことになりました  ..
Weblog: お得日記
Tracked: 2006-08-21 21:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。