2006年10月17日

おもちゃカメラの魅力

最近、HOLGAというカメラを持ち歩いて散歩してます。これです。

MyHOLGA.JPG

昨年の11月15日の日記にも書いたのですが、このHOLGAはなかなか面白いカメラです。特徴を挙げるとすればこんな感じ。

・まわりがぼやけて、味のある写真になる。
(”トンネル効果”と言うらしい)
・正方形の写真が撮れる。
・おもちゃカメラのくせに、使うのはブローニーフィルム。珍しい。
・現像まで4〜5日待たされる…。待ち遠しさがまた良い。
・作りが安っぽく、壊れやすい…。

デメリットも色々ありますが、まー、それも”アナログの魅力”だと考えています。

---------------------------------
ちなみに、私が持ってるのは、プラスチックレンズ&フラッシュ付きのタイプ。確か5000円くらいだったかな。その他、ガラスレンズやカラーフラッシュ付きのタイプもあります。
カメラ自体の値段は安いのですが、ブローニーフィルムを使っているので、フィルム代と現像代が高くつきます。
デジカメのように、好きなだけ撮るってわけにはいきませんね。。。

では、早速一枚。

氷川丸.jpg

残念ながら、私のHOLGAはあまりトンネル効果が出ていないようです。どうすれば出るのか、カメラの問題なのかは良く分かりません。

とまぁ、こんな風に、今後もHOLGAで撮ったヨコハマの風景をアップしていこうかと思います。
posted by u-taka at 02:33| Comment(2) | TrackBack(0) | HOLGAでヨコハマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トイカメラ良いですね〜魚眼で撮れたり、カラーで撮れたりとかもあるようで。でもトイカメラHOLGAがいちばん定番ですかね?
Posted by n at 2006年10月18日 13:32
そうですねぇ。今はHOLGAですかね。
本当は、LOMO LC-Aというロシア製のカメラがいいんですけど、既に生産中止。
ヤフオクでも高値で売られています。
Posted by u-taka at 2006年10月19日 02:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25613070

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。