2006年11月18日

映画「手紙」を観ました

東野圭吾原作の映画「手紙」、早速観てきました。

手紙 オフィシャルブック

直木賞候補にまで選ばれた原作の映画化です。私も大好きな作品です。
原作とは多少設定が変わっていますが、かなり忠実に作られており、良かったと思います。オフコースの「言葉にできない」をバックに、しんみりと泣ける作品に仕上がっています。

------------------------------------
「手紙」は、犯罪者の家族として、社会を生き抜く一人の青年を描いた作品です。ストーリーは、主人公の武島直貴(山田孝之)と、その兄であり殺人犯の武島剛志(玉山鉄二)が手紙を交換しながら進められます。

弟・直貴のために犯してしまった兄・剛志の罪。その罪が直貴の人生を大きく変えてしまうことに…。
そして、最終的に直貴が下した決断とは!?

「この社会から差別はなくならない」
作品の中で直貴が発した一言であり、私の中で最も印象に残ったフレーズです。

犯罪者の家族が社会からどのような扱いを受けるのか?
その状況が、直貴という青年を通して表現されていますが、ものすごくリアルです。私は直貴に感情移入する一方で、直貴を取り巻く人間の心情にも共感できました。なんだかずるい感じですが、正直な感想です。「差別」を否定する一方で、我々の心には常に何らかの「差別」の感情を持っているのだと思います。

この作品を観終わったあと、自分自身を直貴や周囲の人間に置き換えて考えた方は多いかと思います。私もその一人です。やはり綺麗事や理想論では片付けられません。
もちろん、ラストは感動できますが、”お涙頂戴”で終わってはならないと思いました。

社会的にも意義がある本作品。ぜひ、観ることをおススメします。

東野さんはさすがですね。推理小説、ブラックユーモアなど、様々な引き出しがあるのですが、中でも私は「手紙」のような、現代社会の問題にアプローチした作品が好きです。
(大学時代に社会学、中でも社会問題を勉強してたことが影響してるのかもしれません。)

今回は、犯罪者とその家族の人権問題でしたが、ジェンダー(性)の問題(「片思い」)、少年犯罪(「白夜行」「幻夜」)なども取り上げています。どれも面白く、深い作品になっていると思います。

片想い
posted by u-taka at 02:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東野さんは作品はかなり好きで、けっこう読んでます。やはり、推理もので、ちょっと影があるような作品が多いのでそのあたりが良いです。
Posted by taka-9 at 2006年11月21日 22:58
推理ものもいいですよね。
「宿命」とか「パラレルワールド…」とか。
「容疑者Xの献身」のトリックも最高です。

本当に引き出しが多いな〜と思います。
Posted by u-taka at 2006年11月22日 01:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。