2006年11月24日

映画「涙そうそう」を観ました

一ヶ月以上も前の話になりますが、妻夫木聡&長澤まさみ主演の映画「涙そうそう」を観ました。
(もっと早く書くべきでしたが、タイミングを逃しました…)

涙そうそう

感想は「まぁまぁ良かった」という感じですかね。
難しい話ではないので、スムーズに入っていけますし、ラストシーンや沖縄の景色には、癒しと感動が得られます。

幅広い層にウケる映画だと思います。

------------------------------
この映画はまさに「兄弟愛」を描いた作品。
恵まれない環境の中に身をおきながらも、妹を想い、妹のために献身的に働く兄。この兄の姿に心を打たれた方は多いと思います。
そして映画のポイントは、兄弟の血がつながっていないこと。
兄弟という枠を超えた複雑かつ微妙な感情が、映像を通して伝わります。

ストーリーはとても良かったと思うのですが、エピソードの一つ一つが単調だったのが残念です。ラストの展開がかなりスピーディーだったので、強引に感じられてしまいました。新鮮味にも欠けるかな…。
まー、その辺を差し引いても観る価値は十分にあると思います。

そうそう。この映画を観ていて、あだち充原作の「みゆき」というマンガを思い出しました。ちょっと古いですけど。。。

みゆき TVシリーズ完全収録版1
posted by u-taka at 01:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近、長澤まさみ人気が凄いですね。
先日、仕事一緒になったんですが、スタッフまで・・・「まったく」って感じでした。
Posted by hiroyuki at 2006年11月25日 00:49
えええ!
仕事で一緒ですか!うわーすごいですね。
なんだかスタッフの気持ちがわかります(笑)

そうですねー。最近、映画やTVドラマを観ていると、この年代の女優がブレイクしているのがよく分かります。
世代交代というか…新しい時代の到来ですね。
Posted by u-taka at 2006年11月25日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28155544

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。