2006年12月17日

hillsとw-indsとakarium

初めて表参道ヒルズに行ってきました。
店舗自体はあまり興味がなかったのですが、建物は一目見たいと思っていました。

表参道ヒルズエントランス.JPG

表参道ヒルズは、かつて表参道の顔として知られていた「同潤会青山アパート」が建て替えられたものです。
手掛けたのは、光の教会やサントリーミュージアム[天保山]の建築でも有名な安藤忠雄氏。安藤氏の建築の特徴である、”コンクリートの打ちっぱなし”が表参道ヒルズにも生かされています。
また、表参道の街との調和が意識されています。ケヤキ並木を超えないように低くデザインされていますが、中に入ると地下を上手く利用しているのがよく分かります。

-------------------------------
中は、こんな風に大きな吹き抜けとゆるやかな斜面のスロープ(スパイラルスロープ)で構成されています。

表参道ヒルズ内部.JPG

昨日は日本有線大賞の生中継。
突然、w-indsが登場してビックリしました。

表参道ヒルズにW-inds登場.JPG 引き上げるw-inds.JPG

表参道ヒルズの建築は2006年のグッドデザイン賞、環境・デザイン部門を受賞しています。
また、表参道のロゴもコミュニケーション部門を受賞しています。

LOGO_OmotesandoHills.JPG

ロゴデザインはタイクーングラフィックス。コンセプトは次のとおり。

・表参道と明治神宮の鳥居をイメージした”参”の字。
・スパイラルスロープをイメージした三。
・取り囲む○は表参道の頭文字”O(オー)”。
・日本文化の図像である”ハンコ”のイメージでロゴ化。

完璧ですね。

買い物はしなくても十分楽しめました。
ちなみに外は、”表参道akarium”として照明が灯っています。かつてのような美しいイルミネーションではありませんが、エコロジー(消費電力やケヤキへの影響)に配慮された明かりになっています。

表参道akarium.JPG
この記事へのコメント
そういえば仕事で先日青山行ったとき、原宿まで歩いて行ったのに、ここの存在すっかり忘れ裏道で駅まで行ってしまいました。
あまりにぎやかな場所は好きじゃないからいいんですが・・・ちょっと残念。
Posted by hiroyuki at 2006年12月18日 00:23
私も原宿のまわりはあまり好きではないのですが、表参道のあたりは、少し年齢層が高くなるので落ち着きます。。。

建物自体カッコイイですが、中の店舗はあまり惹かれませんでした。
買い物に行きたいとは思わなかったですね。
Posted by u-taka at 2006年12月18日 01:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

森ビル/表参道ヒルズ
Excerpt: 2006年度グッドデザイン賞を建築デザイン部門とコミュニケーションデザイン部門の
Weblog: グッドデザイン賞主催者公式ウェブログ
Tracked: 2006-12-18 00:16

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。