2006年12月18日

映画「007 カジノロワイヤル」を観ました

毎回ド派手なアクションで楽しませてくれる007。
新ボンド、ダニエル・クレイグ主演の「カジノロワイヤル」を観ました。

CD 007カジノロワイヤル

とても面白かったです。
「アクション」と「心理的な駆け引き」を織り交ぜつつ、内容の濃い作品に仕上がっていると思います。アクション一辺倒の前作、前々作とは違った良さがありました。

----------------------------
6代目ボンドそして21作目にして、ボンドが”00(ダブルオー)”となり、最初に挑んだ任務について明かされる。
舞台はカジノ。最大の敵は、テロリストとのつながりを持つ死の商人ル・シッフル。1500万ドルもの国家予算を賭けて、ポーカーで闘います。

ボンドVSル・シッフル。果たして勝つのはどちらか?
また、監視役として送り込まれた美女ヴェスパーと、ボンドの愛は実を結ぶのか?

ダニエル・クレイグについては、かねてから賛否両論ありましたが、私個人としては非常に良かったと思います。若きボンドの”人間的な部分”を上手に表現し、アクションもソツなく演じていました。この熱演を見て、新ボンドとして正式に迎え入れられたと確信しました。
近年公開され作品の中でも、良くできていると思います。

007シリーズの中で、私が最も好きなのはオープニングです。
この映画でも、殺しのライセンス”00”を手に入れるシーンからオープニングムービーが終わるまで、非常にカッコ良くできていました。オープニングで気持ちの高ぶりは最高潮です。

さらに、ボンドのアイテムにも注目です。
ボンドの時計は前回同様Ω(オメガ)のシーマスター。前回までは「プロダイバーズ」でしたが、今回は「プラネット・オーシャン」も着用しています。
そういや昔、007に憧れて本気でシーマスターを購入しようとしましたが、お金が一向に貯まらずあえなく断念した覚えがあります。。。

シーマスター・プラネットオーシャン

ボンドカー、アストンマーチンもカッコ良かった!!
重厚なシルバーのフォルムに、ついつい目を奪われてしまいます。BMWもいいのですが、普段見かけない車だけに強く印象に残りました。

アストンマーチンDBS

あれ、そういやQが出なかったなぁ。。。
007に成りたての頃は存在しない???
posted by u-taka at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29837984

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。