2007年01月03日

箱根駅伝・順大が6年ぶり総合優勝!

順大が6年ぶりの総合優勝を果たしました。
6区、7区では後続に差を詰められたものの、終わってみれば2位に6分以上の大差をつけての大勝利。往路、復路ともに制しての完全優勝です。

「2年分の優勝を勝ち取る」
昨年、トップを独走していながらも、8区でまさかの大ブレーキ。優勝を逃したそのシーンを観ていただけに、今年の優勝、そして昨年8区を走った難波前主将の号泣に感動しました。

優勝の立役者はやはり山登り5区・今井選手(4年)。
5区だけでトップとの差4分をひっくり返し、さらに2分近くの差をつけました。平地を走っているかのような驚異的な走りは、人間のなせる業とは思えません…。
また、順大は今井選手だけではありません。特に復路は区間8位→区間4位→区間4位→区間賞→区間賞とまとめてきました。アンカーの松瀬選手(4年)は他校を突き放す区間新記録。
順大の強さばかりが目立った大会でした。

--------------------------------
2位に日大、3位に東海大。そして4位は日体大。日体大は1区で失敗続きの鷲見選手(4年)が区間賞の走りを見せ、最後の大会で大きくチームに貢献しました。
上位の顔ぶれを見る限り、強いチームが順当に結果を出しました。
そんな中、調整がうまくいかなかった駒大、ブレーキを起こした亜大は悔しい思いをしたと思います。

シード権争いは今年も息詰まる闘いでした。
大きく動いたのは準エース区間の9区。駒大の堺選手(3年)がシード権を確実にし、亜大の菊池選手(3年)、中大の徳地選手(2年)が10位以内に滑り込む好走を見せました。
ちなみに中大の徳地選手は、2区9区を地元とする横浜出身のランナーです(芹が谷中−桐蔭学園)。地元の声援が好走を後押ししたことと思います。

箱根のゴールは、来年のスタートにつながります。
1位の順大と2位の日大は4年生主体のチームです。4年生が抜けた来年はさらに混戦になりそうです。
来年の箱根で勝つには、「山のスペシャリスト」を育成すること、また、絶対的なエースの存在よりも、ブレーキを出さずにつなぐことがポイントになりそうです。

今年も素晴らしい大会でした。
posted by u-taka at 17:35| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シード権争い、凄かったですね。やはり、今年は新聞も今井一色になってましたね。来年はどうなるのでしょうかね。
Posted by taka-9 at 2007年01月04日 18:51
来年は、シード校の差はほとんどなくなるので、激戦になりそうですよ。
あえて予想するなら、駒大を軸に東海大、東洋大、順大が出てくるでしょうか。
いずれにせよ、今井選手のような「山のスペシャリスト」を育成したチームが勝ちそうですね。
Posted by u-taka at 2007年01月05日 01:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。