2007年01月13日

大学ラグビー・関東学院が3年ぶり優勝!

全国大学ラグビー決勝は、関東学院が早稲田に雪辱。
33対26のスコアで、3年ぶり6回目の優勝を果たしました。

強風の国立競技場。この風を味方につけたのは関東学院でした。
前半は、風上に立った関東学院が大きく点差を開くという予想外の展開。一方の早稲田はミスを連発。後半ロスタイムのトライ&ゴールで7点差まで迫りましたが、そこでノーサイド。
3連覇は叶いませんでした。

3年間、早稲田に敗れ続けた関東学院。この雪辱を果たすべく闘った関東フィフティーンの気迫が、画面を通しても伝わりました。

勝負のポイントは「接点」。
接点で絶対の自信を持つのは早稲田ですが、この試合では関東学院が上回りました。FWが集中力を切らさず走り回り、早いフォローと強い圧力で、自陣に攻め込む早稲田を何度も押し返しました。

後半でもキックよりもボール回しを多用。早稲田のお株を奪うようなラックでのターンオーバーや、連続攻撃でのトライも見られました。

------------------------------
一方の早稲田は、序盤からラインアウトのミスが続き、ペースを乱しました。
ミスの原因は、競技場に吹く強風と、関東学院の圧力によるところが大きいと考えられます。しかし、根本的な問題は早稲田自身にあるように思われました。
個人技で勝る早稲田ですが、プレーの精度(特にラインアウト)が悪いように思われました。また、バリエーションにしても昨年の早稲田よりも乏しいように思われます。豊田選手を使ったラインアウト、矢富選手のアタックなどは相手から見ても研究しやすいような気がしました。
しかし、これで終わらないのが早稲田。この悔しさをバネに日本選手権までに修正してくるでしょう。

個人技ではなく、結束力でチームを作り上げた関東学院。
試合終了後のインタビューで、涙を浮かべながら話した春口監督のコメントが印象的でした。
「スター選手はいらない。雑草に花が咲きました」

日本選手権という舞台で、雑草たちがもうひと花咲かせるか?
posted by u-taka at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。