2005年09月24日

笑える「笑の大学」。

レンタルショップで「笑の大学」を借りて観ました。
(この作品、映画館でも2回観てます・・・。)

メインキャストは役所広司と稲垣吾郎の二人。
あとは脇役。場面はほとんど警察の取調室。
観たら分かりますが、豪華なセットやリアルなCGなんてものはなく、映画としてはお金が掛かっていません。非常にアナログ的です。
・・・が、そんなことはどうでもいいんです。とにかく、役所と稲垣が繰り出す、テンポの良い掛け合いが面白い。役者の演技力で勝負!という感じですね。

この作品は、一人で観てもいいのですが、家族や恋人などと一緒に観ることをお勧めします。観終わった後に、場が和むんで。

やっぱり三谷幸喜の作品は面白い。舞台で観てみたい作品です。
来年公開の「THE 有頂天ホテル」も楽しみです。
posted by u-taka at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7274773

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。