2005年11月22日

横浜にある大庭園、三渓園

横浜にも大庭園があるのをご存知でしょうか?
横浜から本牧(ほんもく)方面のバスに乗ること30分。「三渓園」と呼ばれる庭園があります。
広大な敷地に、四季を彩る花・紅葉、そして歴史ある数々の建造物が立てられ、えも言われぬ情趣があります。

三渓園入り口.jpg

今日は「三渓園」の写真と感想など。

●三渓園とは
もともとは、生糸貿易の実業家であった原三渓の邸宅で、明治39(1906)年に「三渓園」として公開されたそうです。関東大震災などで被害にあったそうですが、その後復旧工事によって元の姿に戻ったそうです。

●大池から三重塔へ
入場料500円を払い、中に入ると大きな池(大池と言うらしい・・・)と遠方に望む三重塔が。
この三重塔、京都燈明寺にあった塔を移築したもので、関東地方では最古の塔(1457年建築)だそうです。もちろん、近くまで行くことができます。
三渓園_遠方に三重塔.jpg 三重塔を近くから.jpg

●合掌造の住宅
三重塔のある高台を降り、しばらく歩くと合掌造という雰囲気のある住宅(矢箆原(やのはら)家住宅)に着きます。岐阜県白川郷にあった庄屋の家を移築した住宅だそうです。
この合掌造の住宅は、内部を見学することができます。内部は半分が板張り(普通農家)、もう半分が畳敷き(来客用)という珍しい構造になっています。
合掌造.jpg 合掌造内のいろり.jpg

●庭園を眺めながらの食事
敷地が広いこともあってか、長時間歩いているとお腹が空いてきました。すると、なんともうまい具合にお茶屋が!(笑)
三渓園_食事処.jpg

早速おでん(600円。たねは5個選べる)を頂き、食後にはみたらしだんご(150円)を頂きました。
あー、あったかい。おでんが冷え切った体を温めてくれます。
景色がいいと、食事が一層美味しく感じられますね。
三渓園_おでん.jpg みたらしだんご.jpg

その後、残りの建物や菊もじっくり見学して三渓園をあとにしました。
三渓園を出る前にもう一度、遠方の三重塔と空を眺める。長い時間歩いたようで、だいぶ日も暮れてきました。
三重塔と夕焼け.jpg

今回の記事ではおそらく、三渓園の半分、いや1/3くらいしか紹介できていないでしょう。
日本の庭園、和の情緒が好きな方は、行ってみるといいかと思います。これから紅葉シーズン本番を迎えるようですし。

原三渓という人間についてよく知りませんが、莫大な財産を持っていただけではなく、芸術への深い造詣があった人なのでしょうね。
posted by u-taka at 00:15| Comment(4) | TrackBack(0) | ヨコハマ街あるき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
御茶屋さんのお団子おいしそうでしたね。
寒いのが苦手なので紅葉狩りに行く機会が
ないけれど、近くならいいですね。
私も横浜に住んでいますがまだ三渓園へ足を運んだことがないんです。
三渓園の横を通過する度あ〜って思うんですが。
近過ぎてもだめですね。いつでも行ける気がして
未だにです。
桜の時期とかもいいですよね。
またいろいろ拝見させてください。
文章や写真で一緒に旅してる気分になりますね。
Posted by さおり at 2005年11月23日 00:19
さおりさん、コメントありがとうございます。
実は私も最近になって、初めて三渓園に行きました。横浜に住むようになって20年近くになるのに。。。
横浜に住む友人に聞いてみても、やっぱり行ったことがない人が多い。その存在を知らないなんて人もいます。
実際、訪れているのは、ご年輩の方と外国からの観光客が多いように感じました。
横浜には他にもみなとみらいや中華街など見どころがあるし、古い建物なら鎌倉に行けばいいので、注目されないのかもしれません。
しかし、行ってみるとまずその広さに驚きました。夕暮れ時の景色の素晴らしさにも感動しました。まさに
「横浜にもこんなところがあったなんて!」
という感じです。

機会があれば行ってみるといいと思います。
あえて記事では一部しか載せていないので、行ってみると色々な発見があるかと思います。
Posted by u-taka at 2005年11月23日 10:10
ここは25年前ぐらいにデートした覚えがあります・・・懐かしい。
横浜は結構詳しくいろんな所に行ってますよ!
そう言えば山手のドルフィンまだありますかね?
Posted by hiroyuki-hondo at 2005年11月25日 20:41
hiroyukiさん、コメントありがとうございます。
横浜にもよくいらしたんですね。25年前の景色ですか・・・それは懐かしいでしょうね。そんな思い出の場所(?)が紹介できて光栄に思います。
今後も横浜を色々な側面から紹介していこうと思います。古くからの街並み、新しく生まれ変わった姿などを写真を交えながら紹介したいと思います。拙い文章で読みづらいかと思いますが、ぜひまたお立ち寄りください。

あ、そうそう。「山手のドルフィン」って、ユーミンの曲で有名なお店ですよね。今もありますよ(多分・・・)。
場所的にちょっと不便なので、私は行ったことはないですが、すごく景色のいい店と聞きます。
Posted by u-taka at 2005年11月25日 21:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。