2007年01月20日

スポーツ界の熱き人間ドラマ「Number」

今週発売された「Number」。
私が好きなラグビーと駅伝(順大の今井主将のインタビュー)の記事が書かれていたので、迷わず買いました。

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2007年 2/1号 [雑誌]

カバー・ストーリーは、1月13日に行われた関東対早稲田の一戦。
−下馬評で有利だった早稲田がラインアウトで崩れ、その隙をBK展開で突いた関東の勝利−
もちろん、TV中継を観ていたので結果は知っていますが、「Number」を通じてその過程をなぞる行為が面白い。
記事は単なる推測ではなく、綿密な取材で得られた事実と分析に基づいて書かれています。「Number」は、このような「我々が知り得ない情報」を読ませてくれます。まさに、

「スポーツのプロセスを読む。そして感動する」

そんなことができる素晴らしい雑誌だと思います。

プロスポーツは結果がすべて。一番の興味は結果です。
しかし、後発の雑誌で読みたいのは、結果に至るまでの”真実”であり、選手、監督、あるいは彼らを取り巻く”人間の姿”です。
その気持ちに応えてくれるのが「Number」なんです。

スポーツ選手のメンタリティにとことん迫り、魂のこもった記事を産み出すプロの仕事は、素晴らしいとしか言いようありません。

続きを読む
posted by u-taka at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

大学ラグビー・関東学院が3年ぶり優勝!

全国大学ラグビー決勝は、関東学院が早稲田に雪辱。
33対26のスコアで、3年ぶり6回目の優勝を果たしました。

強風の国立競技場。この風を味方につけたのは関東学院でした。
前半は、風上に立った関東学院が大きく点差を開くという予想外の展開。一方の早稲田はミスを連発。後半ロスタイムのトライ&ゴールで7点差まで迫りましたが、そこでノーサイド。
3連覇は叶いませんでした。

3年間、早稲田に敗れ続けた関東学院。この雪辱を果たすべく闘った関東フィフティーンの気迫が、画面を通しても伝わりました。

勝負のポイントは「接点」。
接点で絶対の自信を持つのは早稲田ですが、この試合では関東学院が上回りました。FWが集中力を切らさず走り回り、早いフォローと強い圧力で、自陣に攻め込む早稲田を何度も押し返しました。

後半でもキックよりもボール回しを多用。早稲田のお株を奪うようなラックでのターンオーバーや、連続攻撃でのトライも見られました。

続きを読む
posted by u-taka at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

箱根駅伝・順大が6年ぶり総合優勝!

順大が6年ぶりの総合優勝を果たしました。
6区、7区では後続に差を詰められたものの、終わってみれば2位に6分以上の大差をつけての大勝利。往路、復路ともに制しての完全優勝です。

「2年分の優勝を勝ち取る」
昨年、トップを独走していながらも、8区でまさかの大ブレーキ。優勝を逃したそのシーンを観ていただけに、今年の優勝、そして昨年8区を走った難波前主将の号泣に感動しました。

優勝の立役者はやはり山登り5区・今井選手(4年)。
5区だけでトップとの差4分をひっくり返し、さらに2分近くの差をつけました。平地を走っているかのような驚異的な走りは、人間のなせる業とは思えません…。
また、順大は今井選手だけではありません。特に復路は区間8位→区間4位→区間4位→区間賞→区間賞とまとめてきました。アンカーの松瀬選手(4年)は他校を突き放す区間新記録。
順大の強さばかりが目立った大会でした。

続きを読む
posted by u-taka at 17:35| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

箱根駅伝・総合優勝とシード権の行方

往路すごかったですね。
5区今井選手の快走は、まさに”神の領域”。多くの人の記憶と記録に深く刻まれました。
おそらく、この記録は当分破られないでしょう。

復路も非常に楽しみです。
昨年の12月30日の日記に書いたとおり、私の予想は変わらず順大ですが、復路の展望を予想してみたいと思います。

続きを読む
posted by u-taka at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

箱根駅伝・2区の写真

今年も2区の沿道に足を運び、カメラ片手に応援してきました。
最初にやってきたのは東海大の伊達選手。

東海大伊達選手.JPG

今年は「逃げ」のレース。1区佐藤選手が作った差をさらに広げるべく、飛ぶように走っていました。個人としては区間2位。

区間賞を取った早大・竹澤選手と区間3位の東洋大・黒崎選手。

早大VS東洋.JPG

持久力、スピードに加え、メンタル面も強くなったという竹澤選手。来年は区間新記録を狙える選手になっていることでしょう。
一方の黒崎選手。昨年の区間2位に続き、今年は3位。あまり注目されていませんが、かなりの実力者です。競り合いにも強い。

続きを読む
posted by u-taka at 16:00| Comment(2) | TrackBack(2) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

今年は箱根駅伝から

あけましておめでとうございます。
今年も変わらずコンセプトなしで頑張っていこうかと思います。。。

2007年一本目は、明日スタートの箱根駅伝・往路の展開予想。
長文で読みにくいですが、もし興味のある方がいれば、お付き合いください。

2区(9区)権太坂.JPG


続きを読む
posted by u-taka at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

箱根駅伝、区間オーダー発表!

私はこれを観ないと1年が始まりません。
1月2日スタートの箱根駅伝。いよいよあと3日に迫りました。

2006HakoneEkiden.JPG
(写真は2006年の箱根駅伝より)

本番を前に、昨日、各大学の区間オーダーが発表されました。
各大学とも、当日のオーダー変更を前提に一部偵察メンバーを入れていますが、その点も踏まえて勝手に優勝予想してみたいと思います。

続きを読む
posted by u-taka at 03:04| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

いよいよ全日本大学駅伝

大学三大駅伝の一つ、全日本大学駅伝が本日行われます。
関東学連主催の箱根と違い、全日本大学駅伝は全国各地の予選を勝ち抜いた大学が集まります。その名の通り、全国の大学No1を決める大会です。

駅伝が好きな人は、エントリーリストを基に、どのようなレース展開になるかを予想しているかと思います。

私も、あえてレース前に展望を予想して楽しんでみたいと思います。
長く書いたわりに、全くハズレてるかもしれませんが、あしからず。

続きを読む
posted by u-taka at 01:44| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

延長15回の激戦!両校譲らず再試合

凄い!本当に凄すぎる!!
高校野球決勝、駒大苫小牧VS早稲田実業は延長15回の激戦の末、1対1の引き分けに終わりました。引き分け再試合です。

駒大・田中投手と早実・斉藤投手の息詰まる投手戦。両チーム再三チャンスを掴みましたが、両投手が要所を締めました。

延長15回表、駒大・4番の本間選手に140キロ代後半の直球を投げ込む斉藤投手に鳥肌が立ちましたね。スタンドも大歓声でした。決勝まで連戦連投。この日も170球以上投げているとは思えません。
一方の田中投手も負けん気を全面に出し、力のあるボールを投げ込みました。165球、集中は途切れませんでした。

これだけの投手戦だと、守っている時の緊張はすごいでしょうね。

両校の選手、とりわけ田中投手と斉藤投手の疲労はものすごいでしょう。気力で望む再試合、どんなゲームになるか楽しみです。
あぁ、明日は平日なんですね・・・会社休みたい(笑)
posted by u-taka at 17:00| Comment(2) | TrackBack(2) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

いよいよ日本−オーストラリア戦!!

サッカーW杯、いよいよ日本戦ですね。
サッカーに関しては、色々なブログで語られており、どこを見ても日本代表に対する熱い思いがひしひしと伝わってきます。
個人的に注目しているのは攻守のバランスを取る福西選手。そしてマリノスの中澤選手。両者はバランスだけでなく、得点も取れますね。あとは横浜出身の中村選手でしょうか。

外を歩いていると、青いユニフォームで歩く人をたくさん見かけます。私も負けじと青いユニフォームで自宅観戦しようかと思います。



しかし、ものすごい盛り上がってますね。
実は、私もかつてサッカーをやっていたのですが、当時Jリーグ発足前であまり人気がありませんでした。翼くんは人気あったけど。。。
国内リーグはスタンドガラガラ(ラッパの音だけ)、W杯の認知度もめちゃ低。女の子の注目度も相当低かった。。。当時からしてみれば、今の姿は想像できません。時代は変わりましたね。

まー、大事なのは過去よりも今。まさに今です。
大歓声の後押しを受けて、ぜひ予選リーグを突破して欲しいと思います。
がんばれニッポン!
posted by u-taka at 01:23| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

WBC日本優勝!やったー!!

WBC日本代表、ついにやりましたね。
日本VSキューバの決勝戦、私はイセザキモール・松坂屋前に設置されたテレビで観ていました。

イセザキモールでWBC観戦.JPG

大道芸人のCLOWN JINさんも手を挙げての応援です。
優勝決定の瞬間、イセザキモールは拍手喝采沸き上がりました。
その後、選手たちが喜ぶシーンにしばらく浸りました。

WBC日本優勝を観る.JPG

これまでになく熱く語るイチローを見て、画面を通じてではありますが、チームに対する思いの強さが伝わりました。
感動!チョー気持ちいい!!ジャパン最高!!
今日は素晴らしい一日でした!
posted by u-taka at 23:19| Comment(2) | TrackBack(1) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

アイスホッケー、白熱の決勝をスウェーデンが制す!

冬季オリンピックの最終種目のアイスホッケー。フィンランド対スウェーデンの試合結果は、2−3でスウェーデンが勝利しました。
観た方は少なかったかもしれませんが、とても面白い試合でした。特に第3ピリオドは壮絶なせめぎ合いでした。6対6では優位に試合を進めるスウェーデンに、パワープレー(反則退場により相手プレーヤーが減った状態)に強いフィンランド。最終的には、攻守のバランスが取れているスウェーデンの勝利となりました。

しかし、アイスホッケーは展開が速い。ゴールは一瞬です。
一瞬ではありますが、ゴールまでにはちゃんと過程があります。
例えば、フィンランド2点目。

・相手のゴール裏でパスを受ける
・相手DFのチェックを受けながらも、ゴール脇からゴール前へリバースパス(スティックの裏側でパス)
・詰めていたプレーヤーがバックハンドでシュート!

最初、何が起こったか分かりませんでしたが、スローを見て納得。

激しい当たりにめまぐるしく変わるゲーム展開。スピード、フィジカルの強さ、そして局面局面(瞬間瞬間)での判断力が問われます。もちろんそれらを支えるメンタル面での強さも必要でしょうね。
posted by u-taka at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀田大毅選手は23秒で相手をKO!

亀田三兄弟の次男、亀田大毅選手が23秒でKOしました。
試合開始までは長かったのですが、始まったらあっという間、一発でした。

デビュー戦から大物ぶりを発揮しましたね。
試合までは相手を挑発し続け、大口を叩く。こういう選手、私は好きですね。
絶対の自信というか、負けん気というか、亀田三兄弟が持っている闘争心は見ていて気持ちがいい。単なるハッタリではなく、自信を裏付けるだけの練習をしています。
プロボクサーとして大成する要素をすべて備えていると思いました。

さすがに「44秒以内にKO」は無理かなと思ったのですが、見事にやってのけましたね。めちゃくちゃ格好良かったと思います。
posted by u-taka at 00:27| Comment(0) | TrackBack(4) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラグビー日本選手権・東芝府中とNECは両者優勝

今日は一日TVでスポーツ漬けでした。。。まずはラグビーから。

-------------
ラグビー日本選手権、決勝の結果は6-6で東芝府中、NECの両者優勝となりました。
後半最後は、東芝のトライが決まるか、NECが守り切れるか力が入りました。結局ノートライ・ロースコアでしたが、力が拮抗したいいゲームだったと思います。点の取り合いとは違った緊迫感がありました。
やはり雨の影響は大きかったですね。両者ボールが手に付かずいいところでノックオンが出てしまいました。
キックの応酬となるゲーム運びも当然だと思います。

最後に健闘を称え合うシーンは気持ちのいいものでした。
試合中は喧嘩同然なのですが、試合が終わればノーサイド。
紳士のスポーツ、ラグビーのいいところはここにありますね。
posted by u-taka at 00:12| Comment(1) | TrackBack(1) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

早稲田ラグビー、社会人王者に敗れる

本日行われたラグビー日本選手権準決勝。残念ながら、早稲田大学は東芝府中に0−43で敗れました。
日本代表を揃える東芝府中は、「社会人王者の貫禄」を見せつけた試合展開でした。
一方の早稲田は、敗れはしたものの、社会人相手に素晴らしいスピリットを見せてくれました。佐々木主将率いるこのチームは、早稲田史上最強に呼ぶに相応しいと思います。本当に感動しました。

続きを読む
posted by u-taka at 18:09| Comment(4) | TrackBack(3) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

早稲田ラグビー、社会人を下す!

本日のラグビー日本選手権で、早稲田大学がトヨタ自動車を28−24で下しました。
最後まで手に汗握る、白熱した試合でした。
何でも大学生が社会人を下すのは18年振りだそうです。特にここ近年、社会人が格段にレベルアップしており、大学生との差は歴然としていました。もはや大学生は、社会人(トップリーグ)から勝てないのではないかと考えられたほどです。
大学生がトーナメントの下位から始まる現行の日本選手権の仕組みも、このような流れを受けたものです。
それだけに、今日の試合での早稲田の勝利は素晴らしいものだと思います。
本当に感動しました。おめでとうございます。

続きを読む
posted by u-taka at 22:03| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

大学ラグビー決勝、ワセダ強し!

本日、TVにて大学ラグビー選手権・決勝「早稲田大学対関東学院大学」を観ました。
昨年と同じ決勝カードでしたが、結果は41−5、早稲田大学の圧勝でした。

やはり早稲田は強い。
序盤に関東学院に2回のトライチャンスがあったのですが、そこでは決められず、一方の早稲田は着実に得点を重ねていきました。何と言っても、関東学院の攻撃を凌いだ後のドロップゴール(決めたのはSO曽我部選手)が大きく響いたような気がします。
その後、司令塔・曽我部選手の個人技によるトライ、そしてWTB首藤選手の快速&豪快ハンドオフによるトライで一気に相手を突き放しました。特に曽我部選手がジャンプして相手をかわして決めたトライはすごかった・・・。競技場内でもどよめきが起こってましたね。
その他、当たりの強いFB五郎丸選手の突進、変幻自在に繰り出されるSH矢富選手のパスもすごかったですね。観ていて面白いラグビーだと思いました。

続きを読む
posted by u-taka at 17:01| Comment(3) | TrackBack(2) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

箱根駅伝・亜大が初優勝!

箱根駅伝、11時間超の長丁場を亜細亜大学が制しました。
29回目にして念願の初優勝。選手の皆さんは本当に嬉しいことでしょう。おめでとうございます。

往路6位、トップ差2分51秒からの大逆転。かつてない凄まじい追い上げで奪い取った優勝。他校のようなスーパースター不在の中、ほとんどの選手がミスなく区間上位でまとめた結果です。また、全選手が互いを信頼し、次の選手のために少しでも上位で襷をつなごうとする意識が、いい結果に表れたのでしょうね。まさに総合力の勝利。

山梨学院大の粘りの走りも素晴らしかった。正直、ここまで粘るとは思っていませんでした(すみません・・・)。モグス選手だけではないことを証明した結果ですね。今年はシード校入りを掲げていたようですが、来年の箱根は、優勝候補として名前が挙がっていることでしょう。

その他、”新しい力”の台頭も見られました。
亜大、山梨学院大のほか、下級生主体の東洋大、復路優勝の法大、惜しくもシードを逃した城西大も来年以降戦力を残しており、楽しみなチームです。

また、調整の難しさを思い知らされたレースでもありました。
優勝候補に名前が挙がっていながらも、十分な力が出せなかったチームは、本当に悔しい結果だと思います。

駅伝は終わったばかりですが、この日が始まりでもあります。
それぞれの思いを胸に、練習に励むことになると思います。
また来年のお正月に、どんなレースを見せてくれるか楽しみです。
posted by u-taka at 14:44| Comment(1) | TrackBack(6) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

箱根駅伝・復路の展望

今日のレース展開はすごかったですね。
2区モグス選手の好走、3区佐藤悠基選手の区間新。そして何と言っても山登りの今井選手。2年連続の爆走に驚きでした。

明日もまた楽しみです。
今日の結果を元に、復路の展望を予想してみたいと思います。

続きを読む
posted by u-taka at 17:32| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

箱根駅伝・2区の様子

今日は2区の沿道まで駅伝の応援に行ってきました。
そのときの様子を写真に撮ったので、早速アップしたいと思います。

観戦ポイントは権太坂を下りきって少し進んだところ。
時間は間もなく10時になろうというところ、最初に飛び込んできたのは山梨学院のモグス選手です。
山梨学院_モグス選手.jpg

予想通りの快走。後半ですが、まだまだ足取りも軽やかです。
惜しくも区間新はなりませんでしたが、唯一の1時間7分台。さすがと言った感じです。

しばらく間隔を空けてやってきたのは2位の日大・サイモン選手。
日大_サイモン選手.jpg

長い足を生かしたストライド走法。ここまではそれほど悪くないように感じました。

続きを読む
posted by u-taka at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ外野席 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。