2006年12月21日

「赤い指」を読み、考える。

たまにはミステリー本の感想でも。
東野圭吾氏が直木賞受賞後に取り組んだ作品「赤い指」です。

赤い指

取り上げるメインテーマは「高齢化社会」。
これから我々が直面する高齢化社会の問題を取り上げ、殺人事件と絡めた見事なミステリーに仕上げています。
ミステリーと言えば、事件のトリックが徐々に紐解かれていき、何だかんだ言ってもある程度想定し得る結末を迎えるものが多いですが、東野氏の作品は違います。常に意外性のある見事なトリック(結末)が待っており、私を驚かせてくれます。この作品も例外ではありません。本当に素晴らしい作家だと思います。

続きを読む
posted by u-taka at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

実践!マインドマッピング(ブレインマッピング)

前回記事にした「IDEA HACKS!」の中に、マインドマップと呼ばれるノート術が紹介されていました。非常に興味深かったので、元となる「ザ・マインドマップ」という本を読んでみました。

ザ・マインドマップ

マインドマップとは、この本の著者であるトニー・ブザンが考案したもので、脳の力を最大限に引き出す効果があるようです。その他にも、マインドマップの良さが「これでもか!」という位に述べられてます。

嬉しいことづくめのマインドマップ。果たしてどんなものか?

ごくごく簡単に言うと、関連線とビジュアル(図)によるノート法です。
普通、ノートは左上から文章や箇条書きで書いていきますが、マインドマップの場合、中心から放射状に書いていきます。中心にテーマを書き、そこから思いついたキーワードを関連線でつなぎます。キーワードだけでなく、絵を描くことが推奨されます(←ここポイント)。

論理展開にビジュアルを加えることで、左脳だけでなく、右脳も刺激されるようです。
天才レオナルド・ダ・ヴィンチ、エジソン、アインシュタインらのノートも、ビジュアルをふんだんに取り入れていたのだとか。

続きを読む
posted by u-taka at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

仕事とプライベートを豊かにする「ハック」とは

最近、「ハック(Hack)」という言葉を耳にします。
ハックと言うと、コンピュータに不正侵入する「ハッキング」「ハッカー」がまず頭に浮かびますが、最近では「うまく仕事をこなす」の意味で使われることが多いようです。
確かに、英和辞典にもそのような意味が載っていました。

このハックブーム(言いすぎ?)は、おそらく、アメリカの「Life Hacks」(www.lifehacker.com)から来ているものと思われます。
仕事を効率的に進め、日常生活をストレス無くハッピーに過ごしましょうというのが、その根底にあるようです。
全く同感です。少しでも早く家に帰る工夫やテクニックがあれば、どんな些細なことでもいいから身に付けたいものです。

日本でもLife Hacksに関する書籍や雑誌が発行されていますが、私も早速、その一つである書籍「IDEA HACKS!」を読んでみました。

「IDEA HACKS!」

続きを読む
posted by u-taka at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

「下流社会」をどう生きるか

どういう心境の変化か、最近、ビジネス書を読んでいます。
とりわけ興味があるテーマは「格差社会」。
森永卓郎氏の「年収300万円時代」なんて言葉をよく耳にしますが、近い将来、ごく一部の高所得層を除き、多くが低所得層を構成する時代になるそうです。右肩上がりどころか、年収250万、200万・・・というように徐々に目減りしていくことも十分考えられるそうです。

ちっぽけな会社に勤める私も、間違いなく低所得層の構成員です・・・。
ついこないだ30歳を過ぎたと思ったらもう2年。正直、将来に対する不安はありますね。
そんな不安の中、この時代をどう生きていくのか手掛かりを掴むべく、一冊の本を購入しました。

会社の寿命10年時代の生き方

書名は、「会社の寿命10年時代の生き方」です。著者はビジネスプロデューサー(?)の道幸武久氏です。

続きを読む
posted by u-taka at 02:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

「千円札は拾うな。」から学んだこと

30過ぎても何の陽の目も見ませんが、私も一応サラリーマン。
たまには、ビジネス書でも読もうかと思い、「千円札は拾うな。千円札は拾うな。」という本を買って読みました。著者はワイキューブ代表の安田佳生氏です。タイトルのインパクトで選んでしまいました。

千円札は拾うな。

タイトルにある「千円札は拾うな。」の根拠は、冒頭に書かれています。ちょっと論理的に強引だな〜という気がしますが、言わんとしていることは分かります。
「目先の利益(タナボタ)に飛びつかずに、もっと意識を高く持ちなさい」ということ(だと思います)。
千円札が云々は興味をひくための話と考えればよいかと思います。

続きを読む
posted by u-taka at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

祝直木賞!必読の一冊!容疑者Xの献身

ちょっとタイトルに力が入ってしまいました。
昨年の11月7日の日記にも書いたのですが、私の大ファンである東野圭吾さんが直木賞を受賞しました!受賞作はもちろん「容疑者Xの献身容疑者Xの献身」です。
この作品は、「このミステリーがすごい!」などでも2位以下を寄せ付けずにダントツの1位。東野さんは、これまでに何度か直木賞候補に挙がったことがありますが、今度こそ、文句なしの直木賞です。
東野圭吾・容疑者X の献身

この本の良さをつらつらと書こうと思ったのですが・・・やめました!
とにかく読んで欲しいと思います。すごい作品です。

かなり読みやすいので、本が苦手な方でもスラスラと読めてしまうと思います。
この本は「秘密秘密」「白夜行白夜行」「時生トキオ(時生)(トキオ)」「手紙手紙」に続き、私の保存版となりました。
posted by u-taka at 15:19| Comment(0) | TrackBack(2) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

あの「白夜行」がTVドラマ化

最近知ったのですが、東野圭吾氏の「白夜行」が来年1月よりTVドラマ化(TBS系列)されるようです。主演は山田孝之&綾瀬はるかのお二人だそうです。
この「白夜行」は、2000年の「このミステリーがすごい!」で堂々の第2位に輝いた人気作品。
東野圭吾大ファンの私としては、この作品の映像化は喜ばしいのですが、反面、イメージどおりに仕上がるのか不安です。
特に、「白夜行」は内容的にもキャスティング的にも難しい。心を失った少年と少女を、山田&綾瀬がどのように演じるか、気になるところです。

やっぱりちょっとイメージと違うかなぁ。
二人にはもっと爽やかな役回りが似合ってるような気がします。
かなりダークな内容ですが、どこまでできるかって感じですね。

続きを読む
posted by u-taka at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

出世する大学と高橋がなり

今日、会社帰りに本屋に寄ってみました。
一応、サラリーマンと言うことで経済誌でも読もうかと、経済コーナーに行く。
「エコノミスト」「東洋経済」「PRESIDENT」が平積みされているのだけれど、いずれも似たり寄ったりの特集を組んでいる。

・エコノミスト「出世する大学」
・東洋経済「本当に強い大学」
・PRESIDENT「大学と出世」

そのうちの一冊を手に取り(どれか忘れた)、パラパラとめくる。
なるほど。東大、一橋、慶応あたりの一流大学が出世するらしい。「まーそうなんだろうなー」という結果。実際、その辺の学校の人たちは「仕事ができる人」が多いのでしょう。固定観念プラスそれを裏付けるだけの能力がある。

これをビジネス誌に載せるということは、興味を引く内容であり、売れる内容であることに他ならない。つまり多くの人々が関心を持っているということ。学歴社会は今も昔も変わらず根付いているのでしょう。
まー、おそらく他の二冊もおんなじような記事なのかな。読まなかったけど。
続きを読む
posted by u-taka at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。