2006年03月26日

ようやく映画「県庁の星」を観ました

前々から観たいと思っていながらも後回しになっていましたが、ようやく「県庁の星」を観ました。

県庁の星

評判どおりとても面白かったです。
映画では、我々一般市民(民間)の思いや、お役所への不満が表現されており、すごく共感できます。見終わった後にスカッとした気分になります。

間もなく公開終了ですが、もう少し感想を。

続きを読む
posted by u-taka at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

くだらなく、面白い「サマータイムマシンブルース」

私が昨年観た映画の中でも、最もくだらないな〜と思った作品が「サマータイムマシンブルース」。あまりのくだらなさに楽しめた映画でもあります。

DVD サマータイムマシンブルース

最近、DVDになって発売されたようです。おそらく、レンタルでもぼちぼち観られると思います。もし、だらだらと過ごす休日があれば、借りて観るのもいいかと思います。けだるさ倍増ですが。。。

続きを読む
posted by u-taka at 00:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

映画「ナルニア国物語 第一章」を観ました!

昨日、先行上映で「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」を観てきました。
壮大なスケールの世界観、ダイナミックな映像、そして息もつかせぬ緊張の連続。とても面白かったです!

ナルニア国物語

この作品は、C.S.ルイス原作のファンタジーを基にディズニーが映画化したものです。監督はアカデミー受賞作監督のアンドリュー・アダムソン。
とにかくアダムソン監督と数多くのスタッフが創る映像が素晴らしい。多種多様な動物&生物、迫力のある戦闘シーン。リアル過ぎる画像に、CGであることですら忘れてしまいます。
CG技術もここまで進化しているとは…。

絶対、映画館の巨大スクリーンで観るべき映画だと思います。

続きを読む
posted by u-taka at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

映画「博士の愛した数式」を観ました

TOHOシネマズでは、会員は3/末まで1本1300円で映画を観れるそうなので(川崎だけ?)、早速行ってきました。
観たのは、寺尾聡と深津絵里主演の「博士の愛した数式」です。
博士の愛した数式

ストーリーが面白く、とてもいい映画でした。
公開してから一ヶ月が経とうとしてますが、もっと早く観にいくべきでした。

続きを読む
posted by u-taka at 01:19| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

映画「単騎、千里を走る。」を観ました

昨日から公開の映画、「単騎、千里を走る。」を早速観てきました。
単騎、千里を走る。

感動のある素敵な映画でした。後半は泣けます。
観終わったあと、色々考えさせられる映画でもありました。

続きを読む
posted by u-taka at 02:02| Comment(1) | TrackBack(4) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

早速「THE 有頂天ホテル」を観ました!

週末に、三谷幸喜の話題作「THE 有頂天ホテル」を観てきました。
とても面白かったです!!
痛快なエンターテイメント映画。満員の観客から何度もどっと笑いが起こりました。私自身も大いに楽しませていただきました。映画館を出たときに、充実感というか爽快感というか、そういったもので満たされました。
THE有頂天ホテル・プレミアムステイ

とにかくおススメの作品です。
邦画好き、コメディー好きはもちろん、多くの方が楽しめる映画だと思います。

続きを読む
posted by u-taka at 00:45| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

2006年、注目の邦画

昨年はたくさんの映画を観ました。1年間で20本、私の中では最高記録です。
なぜ、昨年多くの映画を観たかというと、例年よりも数多く、そして面白い邦画作品が公開されたからに他なりません。実は観た映画の7割が邦画です。

もちろん洋画が嫌いというわけではありません。ド派手でスケールの大きいアクションやサスペンス映画なんかは、洋画の方が面白い作品が多いと思います。「スターウォーズ・エピソードV」なんて最高でしたよね!
ただ、心情に訴えかける作品や、コメディーなどは、日本人によって作られた日本映画の方が、(日本人の私にとって)共感しやすい(理解しやすい)ということです。
そして、そういう作品を私が好んでいるというだけのことなんです。

2006年も面白そうな作品が目白押しです。
今回は邦画に絞って、私が注目する作品をまとめておきたいと思います。

続きを読む
posted by u-taka at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

映画「ハリーポッター・炎のゴブレット」を観ました

公開中の話題作、「ハリーポッター・炎のゴブレット」を観ました。
観たのは昨年なので、今さらな感じもしますが、一応観たので感想を。




・・・といっても、あんまりいい感想じゃありません。
以降、これから観る方、楽しみにしている方は読まないでくださいね。
私の勝手な感想です。

続きを読む
posted by u-taka at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

映画「あらしのよるに」を観ました

少し前の話になりますが、アニメ映画「あらしのよるに」を観ました。
ご存知、中村獅童演じるガブ(オオカミ)と、成宮寛貴演じるメイ(ヤギ)の友情の物語です。
児童文学、人気の絵本からの映画化ということで、結構家族連れが多かったですね。


あらしのよるにサントラ

感想としては「良かったけどもう一つだったかなぁ」というところです。
話自体はとてもいいし、キャラクターも馴染みやすいので、とても好感持てます。興味を惹きつけるオープニングと、温かみのあるラストはとても良かったと思います。
ただ、いくつか引っ掛かるところがありました。

以降、個人的な感想です。
ネタばれもあるので、特にこれから観る方は読まない方がいいかと思います。

続きを読む
posted by u-taka at 00:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

遅まきながら、「ALWAYS」を観てきました

TOHOシネマズの無料鑑賞(6本観たら1本無料)で、「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました。
劇場は始まったばかりの「ハリーポッター」の客でごった返しており、そっちも気になったのですが、どうしても「ALWAYS」が観たかった。

で、感想はというと、評判どおりで、すごく良かったです!!
私の求める癒しと感動がありました。私の好みにばっちりハマりました。これは間違いなくいい映画です。
タダで観るならもう少しつまらない映画でも良かったのですが(笑)、ものすごい得をした気分です。

今年は邦画の当たり年なのでしょうか?
(「今年も」ですね)

続きを読む
posted by u-taka at 02:00| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

映画「春の雪」を観ました

妻夫木聡、竹内結子主演の映画「春の雪」を観ました。

「春の雪」は、三島由紀夫晩年の作品「豊穣の海」の第一部に当たります。ごくごく簡単に言うと、大正時代の貴族による切ないラブストーリーです。
この作品を、セカチューの行定勲監督が忠実に映画化しています。

感想はというと、すごく良かったです。
映画開始から終了までスクリーンに釘付け、魂抜けっぱなしでしたね。終了後には思わずため息。150分という時間を全く感じませんでした。

続きを読む
posted by u-taka at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

映画「この胸いっぱいの愛を」を観ました

天気予報に反して、今日は雨が降りました。
雨の中、ぶらぶら街歩きをするのも何なので、予定を変更。映画を観ることにしました。
選んだ映画は、伊藤英明、ミムラ主演の「この胸いっぱいの愛を」です。
感想ですが、とても良かったです。純粋に感動できました。

続きを読む
posted by u-taka at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

映画「蝉しぐれ」を観ました

3連休の初日、今日は映画「蝉しぐれ」を観ました。
藤沢周平の時代小説が原作ということで、劇場内の年齢層は少し高めですかね。
で、感想はと言うと「まぁ良かった」というところです。
ラストシーンでは、主人公、文四郎とふくのせつない思いがひしひしと伝わってきました。
殺陣のシーンも緊迫感があって非常に良かったです。
続きを読む
posted by u-taka at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

笑える「笑の大学」。

レンタルショップで「笑の大学」を借りて観ました。
(この作品、映画館でも2回観てます・・・。)

メインキャストは役所広司と稲垣吾郎の二人。
あとは脇役。場面はほとんど警察の取調室。
観たら分かりますが、豪華なセットやリアルなCGなんてものはなく、映画としてはお金が掛かっていません。非常にアナログ的です。
・・・が、そんなことはどうでもいいんです。とにかく、役所と稲垣が繰り出す、テンポの良い掛け合いが面白い。役者の演技力で勝負!という感じですね。

この作品は、一人で観てもいいのですが、家族や恋人などと一緒に観ることをお勧めします。観終わった後に、場が和むんで。

やっぱり三谷幸喜の作品は面白い。舞台で観てみたい作品です。
来年公開の「THE 有頂天ホテル」も楽しみです。
posted by u-taka at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

映画「NANA」の感想でも。

結構、映画が好きで暇を見つけては映画館に足を運んでます。
先日、話題作の「NANA」を観ました(ちょっと遅いですが)。
どうだったかと言うと「とても良かった」の一言。感動ありましたね。

ということで、昨日、会社にて隣の後輩(女)にNANAの話を振ってみました。

「NANAって映画観た?」
「あー、観ましたよ。」
「俺も観たんだけどさ、どうだった?」
「まーまー良かったですね。どうでした?」

・・・まーまー?意外と冷めてるな。俺的にはすっげぇ良かったんだが、何が物足りないのか?うーん。分からん。とにかく、ここで俺がとびきりの評価をしたら、自分の映画感が甘く見られるな・・・。

とりあえず、
「邦画にしてはなかなかだったな。」
などと、通っぽい風に言ってみた。
続きを読む
posted by u-taka at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画観ました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。